160925%E3%83%A8%E3%83%83%E3%83%88%E9%83%A8%E9%80%9F%E5%A0%B1.JPG
<「10」のポーズで笑顔を見せる部員たち>

 9月25日、新西宮ヨットハーバーにて平成28年度関西学生ヨット選手権大会3日目が行われ、関学は優勝を決め今大会10連覇を飾った。
 すでに前日から他校を圧倒していた関学。風が安定せずノーレースとなることもあったが、下級生を中心に快走を続けた。全9レース行われ両級共に2位と80点差をつけぶっち切りで総合優勝を果たした。

試合結果
470級
1位関学 104点
2位近大 189点
3位関大 332点
スナイプ級
1位関学 176点
2位関大 259点
3位甲南大 285点
総合
1位関学 280点
2位関大 591点
3位甲南大 641点

試合後のコメント
誉田智史主将「両級で完全優勝という結果に対しては素直にうれしいが、内容は物足りない。両級共にスタートが課題に上がった。関東の強豪校を意識することを念頭に置いたが、やはり関西相手に圧倒すると甘えや詰めの甘さが出てしまう。技術一辺倒にならないよう気を配りながら、全員が勝ちたいという気持ちを持って全日本インカレに臨みたい」

このページの先頭へ