INT.jpg
2つのインターセプトを決めたDB北村優

◇立命館大学PANTHERS 27-0 近畿大学DEVILS <10月13日(日)関西学生アメリカンフットボール大会秋季リーグ第4節@EXPO FLASH FIELD>

近畿大学を相手に苦戦をしいられた。

1Q両チーム最初の攻撃をパントで終えた試合は静かな立ち上がりを見せた。試合が動いたのはDB北村が相手のパスをインターセプト。そこからQB山口からWB鈴木のロングパスなどでゴール前1yd.まで前進する。最後はTB長谷川が突っ込み先制のTDを奪い、7対0でリードする。2QでもDB北村がこの試合2つ目のインターセプトを決めるがOF陣が攻めあぐね得点には至らなかった。それでも前半終了間際にQB山口からWB頓花のパス、井上のランで攻め込むと再びQB山口からWB頓花のパスが成功しTD。14対0で前半を終える。後半になると立命館は着実に得点を重ねていく。佐伯の27yd.のFG、後半から山口に代わって入ったQB奥村のTDラン、そしてまたも佐伯の32yd.のFGで得点を奪い試合終了。27対0で完封勝利した。

試合にも勝利し、随所で良いプレーが見られたものの、OF・DFのどちらも大事な場面で決め切れなかった試合でもあった。次節からビッグゲームが始まり、関大・京大・関学と対戦する。今までの相手のように、そう簡単に勝てる相手ではない。さらなるギアチェンジが必要になるだろう。

◇試合後のコメント
米倉輝監督
「近畿大学はこれまでとは違う相手という気持ちで臨んだ。ハードヒットが多い中で勝てたのは大きい。QB奥村はこれまでよりも長めに使った。総合力ではそれなりにいい仕事をしたと思う。山口もうまくいかないなりに前半最後タッチダウンを取れたのは良かった。ゲームが破綻しなかったのはP/K佐伯の力。RB長谷川はよくがんばった。しかし、ここから本当に通用するのか?といったところ。DFは前回の神戸大学戦でバタバタしたが、今日はその分いい守りを見せていた。OFは、冷静に自分たちの実力を見つめるという意味ではよかった。次の関大は一発で決めれる選手がいる。実力的にはギリギリの戦いになる。この2週間どれだけやれるか。しっかりとチームを作っていきたい。」

WR #26松森亮太主将
「前半は相手のディフェンスにパスもランも対応されてしまっていたが、自分たちのプレーを信じてプレーした。次戦はこれまでとは違う。全てを準備しなければいけない。チームが一つになること、自分たちのフットボールをすること。目の前の相手を倒すことが勝利につながる。」

OL #77坂口裕副将
「前半はランが少なかったので、ハーフタイムにもっとランを出していこうと話し合った。大差の試合も悪くはないし、得点や結果も大事だけど、今日のように厳しい中で、ヤバイという気持ちを持ちつつ戦えたことは大きい。練習では、4回生を中心にみんながいい雰囲気を作ろうという意識でやれている。もっと精度を上げていかなければならない。」

QB #9山口慶人選手
「1~3戦は練習通りにできていたが、今日は今までうまくいっていた部分が思い通りにいかなかった。点を取るためには自分が活躍しなければいけない。(RB井上)周が走るにせよ、(WR)頓花が取るにせよ、自分を介してプレーが行われるのでしっかりしたい。周りが良い選手なのでプレッシャーは感じる。(次戦の関大は)今までとは違う相手。チームとして全勝は狙っているが、1戦1戦戦うこと。その結果が1月3日の試合に出ることに繋がっていけば良いと思う。」

RB #45長谷川航平選手
「秋は全試合出ているが、この試合が1番長く試合に出させてもらった。緊張したがOLに助けてもらった。1度3rdが取れなくて逃げていた面があったのは課題。関大は体も大きい相手だがビビらないで仲間を信じて前にいこうと思う。」

DB #24北村優選手
「(2本のインターセプト)1本目はうまく合わせた感じ。2本目は読んだというか、こっちに投げろ!と思って動いた。神戸でやられたと感じた分、改めて最後まで追うことだったり、ダッシュだったり、基本的なことをこの2週間ちゃんとやろうと思ってやったきた。ディフェンス全体としては、ちょこちょことランを出されてしまった。これからを考えたらもっと詰めなければならないと思う。関大はオフェンスが強いイメージがある。どれだけ僕らディフェンスが頑張ってオフェンスにいい流れで渡せるか。練習の雰囲気も徐々に上がってきた。僕らDBが試合のカギ。今日よかった分もっと上がって、いいイメージでビッグゲームに臨みたい」


[記事:武田健吾、写真:菅洋介]

このページの先頭へ