2013KU1.jpg 2013KU2.jpg
試合前、闘志を高める選手たち/先制TDの#11頓花

◇立命館大学PANTHERS19-10関西大学KAISERS<10月26日(土)2013関西学生アメリカンフットボール大会秋季リーグ第5節@西京極競技場>

負けたら終わりのBIG GAMEが始まった。初戦の相手は例年苦戦を強いられている関大。両チームとも負けられないという気持ちがぶつかり合った試合は激戦となった。

関大のキックオフで試合が始まった。先に流れを引き寄せたのは関大。QB山口のパスをインターセプトされ、立命館に悪いムードが漂う。しかしそれを変えたのはDF陣であった。鉄壁のディフェンスでそのシリーズをパントに追い込むと流れは立命館へ。TB長谷川・RB井上のランで1stダウン更新に成功すると、QB山口からWR頓花への40ydロングパス。ボールを持った頓花は相手ディフェンスをかわすと、そのままエンドゾーンまで走り切りTD。7対0と待望の先制点をもぎ取る。

2Qも流れを手放さない立命館。RB井上が1stダウン更新に成功するが後が続かない。その中、立命館は奇策に出る。パントフェイクでLB藤本が1stダウン更新。その後K佐伯が46ydのFGを決め、10対0とリードを奪う。しかし関大が74ydのリターンに成功し、FGで3点を返し10対3と追い上げられる。それでも立命館が意地を見せ、お返しとばかりにWR鈴木が64ydのリターンをすると、OF陣が着実に前進し最後はQB山口からWRの頓花へのパスでTD。リードを17対3のリードで前半を終えた。

3Q立命館のキックで再開した試合は拮抗した展開となる。DB大貫が相手のファンブルリカバーなどDF陣が踏ん張りを見せる。だが立命館OF陣の前に関大DF陣が立ちふさがり、思うように攻めることが出来ずなかなか得点には至らなかった。

4Q開始直後に関大がパントフェイクを仕掛ける。立命館DF陣はそれに対応することが出来ずTDを許し17対10と1TD差と縮められてしまう。それでもなんとか粘りを見せたパンサーズ。試合終了間際にDL谷本のQBサックでセーフティ。2点を追加し試合を決めた。

関大に勝利できたことは選手たちにとって大きな自信となっただろう。次節の相手は京大。何をしてくるか分からないチームである。だがそれに臆せずに立命館らしい“Enjoy football”が出来れば、必ず勝利を手に入れることが出来るはずだ。

◇試合後のコメント

米倉輝監督
「ビッグゲームは勝つか?負けるか?だけ。勝てたことは何よりの収穫。前半は落ち着いてやれていた。後半、気持ちに守ったところがあったのかなと思う。前半の終わりから後半にかけて、もう一本決めきれていれば試合はもっときちんと決めきれた。頓花はナンバーワンターゲットだが、#3の岡久だったり、いい仕事をした選手はいる。2本のインターセプトはあったが4回生が多いし落ち着いてできたかな。K佐伯は1本FGを外したが、最後勝負を決めたのは間違いなく佐伯のパント。関大は恐らく主将前田がベストではないだろうが、岸村・高崎の能力の高さは驚いた。来るとわかっていたのにやられたしまった部分はある。大きな怪我をしている選手はいない。今日出ていない選手もみんな来週には間に合うかなといった感じ。無理して1本目を出すよりも元気な2本目のほうがいい。1年生のスナッパーを使ったり、色々試せた。関大も手ごわかったが、京大はもっと激しい。京大はまだまだ何かを隠しているような気がしてならない。明日(27日)の関京戦を見て考える。」

#26 WR 松森亮太主将
「ビッグゲーム初戦を勝つことが出来てよかった。練習から雰囲気はよかったと思うが、試合でもオフェンス陣は調子が良く、ディフェンス陣は相手を止めることができた。(京大、関学戦に向けて)負けたら終わりなので、勝つだけ。今日の勝ちを忘れて切り替えていきたい。」

#11 WR 頓花達也選手
「ビッグゲームが始まり、今まで以上の緊張感の中でのプレーになった。そういう試合で2本のタッチダウンを決められて嬉しい。1本目はキャッチしてから思い切ってランで一気に攻めDFを振り切ることができた。これまでこういう形で得点したことはあまりなかったので自信になる。2本ともQB山口からのロングパスで今まで以上に連携が良くなっていると感じた。次戦の京大は気持ちの入ったタックルが持ち味で、それは僕たちWRにとって驚異になる。これからの練習で京大戦に向けてさらに気持ちを奮い立たせていきたい。」

#9 QB 山口慶人選手
「今までとは違って内容をしっかりというよりも、まず勝つこと、勝利したという点で良かった。関大のDFが手前を固めており、狙うなら奥だと思った。(1Qラストのロングパスについては)動きの段階で頓花が空いていたので狙った。(ゲーム終盤に自らのランを狙ったことについて)やみくもに投げるよりも安全に走ることを選択した。ボールを守って、時計を進めながら少しづつ距離を稼いでいった。次戦の京大戦はどうなるかはわからないが、常に一発を狙いたい。かといって細かい部分を疎かにすることはない。ロングゲインを狙いつつ、とにかく勝つことに向けて頑張っていきたい。」

#13 DB 石井悠貴選手
「一発がなかったこと、要所で抑えられたことは大きい。あまりパスを投げてこなかったというのもあるが、今日もDLとLBに助けられたと感じている。出来としては6~7割。まだ完璧ではない。ターンオーバーは関大のほうが多かったし、DBで何か起こさないと。京大は本気でやってくるチーム。自分たちも次に向けてやっていく。」

#43 LB 藤本拳大選手
「勝てたことが何より良かった。前半は集まりもよかったが、バテてきてからちょこちょこ行かれてしまった。最後までしっかりと集まることが一番の課題。とはいえ、ディフェンスとしてはまだまだ全てにおいて成長しなければと感じる。パントフェイクはずっと練習してきたプレー。リターンでやられてしまったことは心残り。京大は激しく強いブロックをしてくるチーム。どれだけ動き回ってハードに踏み込めるかが重要になると思う。」

#70 OL 松原航大選手
「緊張した。ビッグゲーム独特の雰囲気はやはりあった。その中で日頃意識していた“自分たちのファンダメンタルを崩さない”ということがきちんと出せたのは良かったと思う。よかったところと悪かったところが明確になった。今までにないミスも出てきた。ここからこんなミスをしていたら、進むものも進まない。どんな雰囲気の中でも出せるのが強いチームだと思う。」


[記事:武田健吾/写真:菅洋介/インタビュー:武田健吾、菅洋介、佐竹秀一、國島紗希]

このページの先頭へ