2.jpg
◇立命館大学PANTHERS38-7京都大学GANGSTERS〈11月8日(土)2014関西学生アメリカンフットボール大会秋季リーグ第6節@キンチョウスタジアム〉

誰も忘れもしない西京極の悲劇から1年。米倉監督が関大戦後に「全身全霊をかけていく」と言ったように京大を圧倒し、勝利をつかんだ。

パンサーズ宇治野〈済・1〉のキックで試合が始まった。京大は従来のノーハドルオフェンスではなく、ハドル組み攻撃し1stダウンを更新するがDB長尾〈営3〉の鋭いタックルが炸裂しパントに追い込む。一方でパンサーズオフェンスはQB前田〈営4〉がWR近江〈済1〉へ17ydのパスを通すがTB陣のランに京大ディフェンスがアジャストされパントで終える。このまま膠着状態になるかと思われたがLB浦野〈営・3〉のBigPlayで試合は動いた。京大QB林田の投じたパスを浦野がインターセプト。49ydを走りきりリターンTDで先制する。その直後の京大オフェンスをDB木村〈文・2〉の強烈なタックルで封じ込める。
続く2QTB陣が力を発揮する。玉井〈生命・4〉・田中〈産・2〉・森本〈営・2〉・西村〈スポ・1〉のランで着実に前進するとK栃尾〈営・2〉が41ydFGを決め10-0とリードを広げる。さらに攻める手を休めないパンサーズはディフェンスから流れを作るとTB森本が29yd独走となるTDランで追加点を奪い17-0で前半を終えた。

京大のキックで試合が再開すると前半のランオフェンスから一転パス攻勢で前進する。QB前田がWR猪熊〈済・2〉・近江〈済・1〉へロングパスを通し、抜群の安定感を見せるとTB田中が1yd突っ込み、幸先よくTDランで追加点を奪った。さらにLB山本〈営・4〉のインターセプトでゴール前までターンオーバーするとQB前田がキープから6ydを走りTDランで3Qを31-0でおえる。
最終4Qで京大のパスが通り始めロングゲインを許すとTDを奪われ31-7となり流れが京大に傾きはじめる。しかしその悪い流れを断ち切り、京大に引導を渡したのはTB田中だった。TB田中がOLたちの開けた中央を通りそのまま64ydを独走しTDを決める。その後京大オフェンスを封じタイムアップ。38対7で勝利し昨年の雪辱を晴らした。

今年は史上最弱の世代と呼ばれたパンサーズ。6戦全勝、ここまでくるのには決して容易ではなかっただろう。彼らはもう最弱ではない。あとはやるだけ。さぁ残すは絶対王者との大一番、赤豹たちが三日月を打ち砕く日は近いだろう。

〈コメント〉
米倉輝監督
 ディフェンスは良かった。失点はセカンドチームのなかでというのはあるが、現状は苦しい。頑張っているが、まだまだ。オフェンスはひどかった。前半は集中力がなかった。エクスキューションのレベルが低い。関大戦に続いて新しいプレーをしたが、それで自らの首を絞めてしまいテンポが悪かった。そこはもう一度考える。ラッキーパンチだった部分もある。中身は満足していない。ここで幸せを感じていたらダメ。喜ぶのは関学に勝ってから。ここまで辿り着いた、ステップバイステップでで上がれた。去年より体格が三回りくらい小さい。目の前の一瞬に集中している、それが成長につながった。関学が強いのは分かっている。たくさんのお客さんが見に来ている、100%の力を出す。今日のようにふわふわしていたらダメだ。去年は0-0の引き分けだったが中身は全然違う。関学は余裕のある0点、こっちは必死にやっての0点。それで去年のメンバーはほとんど卒業している。力の差はあると思う。だが頑張って、ひょっとしたらってとこまで来た。

#44LB山本貴紀主将
 相手のミスもあってラッキーやったんですけど、それをしっかりものに出来た所は良かったと思います。浦野のインターセプトで先制出来たことともっとやってやろうという流れを持ってきてくれたと思うのでナイスプレーだったですね。自分のインターセプトは相手のミスで僕がそこにいて捕れました。この一年関学を見てやってきて全勝同士で当たれるので本気でやるだけです。今年はタレントがいないし弱いと言われてきたんですけど、全員で1つになって相手を止めて、僕たちは進めるというフットボールをやって勝ちたいと思います。

#4QB前田寛二選手
 前半は全然自分たちにプレーが出来なくてオフェンスも力が発揮できなかった。それは2週間の取り組みで気が抜けていたと思う。それでもディフェンスが流れを作ってくれてたがオフェンスとしてはまたディフェンスやスナッパーの松野が引っ張るパントカバーチームに助けられたという感じですね。次は僕の人生を賭けた試合になるので、この2週間の取り組みでどれだけ準備するかが重要になると思うので僕が中心となって最高のオフェンスになるようにしたい。勝つも負けるもQBの出来次第なのでそれをいいプレッシャーにしてKGに勝ってみんなを甲子園に連れて行けるようにしっかりプレーしたいと思います。

#56LB浦野雄大選手
 クイックヒットで前が空いていた。正直あまり覚えていない。去年負けてチームで勝とう勝とうとやってきたランプレーでずるずるいかれたところもある。完璧じゃない。関学戦は勝つのが当然。楽しんでやりたい。やっぱりアメフトが好きなんで、プレーできる喜びを感じながらやっていきたい。

#5TB森本紘介選手
 独走はあまりないので気持ち良かった。OFが当たって自分は走っただけだが、流れを引き寄せられたと思う、前半いい終り方だった。去年負けて、絶対に負けられないという気持ちだった。京大は気持ちの強いチーム、春の京大戦では決めなきゃいけないところで決めれず悔しい思いをした。個人的にはその借りを返すつもりでいた。1年間このためにやってきた。やれるだけのことを思いっきりやりたい。

#39TB田中久嗣選手
 終盤のランで時間を潰したい時にランが出せたのでよかったと思います。あまりボールを持っていないがゴール前でしっかりタッチダウンを取れたことや前に倒れることはRBで共有していて、それが出来ていたのでよかったと思います。去年は悔しい思いしているのでオフェンスがしっかり点数を取って去年の借りを返したいと思います。

[記事 武田健吾 写真 納屋忠之 インタビュー 納屋忠之 武田健吾]

このページの先頭へ