IMG_4108.JPG
主将山崎

関西学生秋季リーグ
<@大阪中央体育館9月17日~19日>
○女子
立命館大学 2-3 同志社大学
【第1シングルス】
結城杏1(18-21 21-17 16-21)2宮沢
【第2シングルス】
樫山2(19-21 21-15 21-14)1岩野
【第1ダブルス】
結城更・金山0(19-21 14-21)2岸田・深川
【第2ダブルス】
樫山・長谷川0(16-21 19-21)2宮沢・近藤
【第3シングルス】
山崎2(21-6 21-17)0深川

永井監督、キャプテン山崎(産4)どちらも口を揃えて「レベルは互角」と語る同志社大学との対戦。京都リーグ、春季リーグ、西日本選手権では勝ち越している。そこに気持ちの緩みがあったのか、ダブルスをどちらも落とし、第3シングルスの前に勝敗がついた。しかし、キャプテン山崎は明日への切り替えができるよう全力で第3シングルスに挑み、後輩たちに手本をみせた。

キャプテン・山崎 絢子選手インタビュー
「同志社や関学は立命館とはレベルの差がほとんどなく、勝敗は気持ちやその時の調子次第。今までの試合では同志社に勝っていたため、選手たちは気が緩んでいた。私の出番は第3シングルスで負けが決定した後の試合だったが、リーグ戦はまだ残っているので、明日に繋がるよう自分が勝たなければと思い、戦った」
永井 博監督インタビュー
「気持ちが緩んでダブルスを落としたことは痛かった。スタートでミスをすると焦りがでて自分のプレーができない上に、相手に余裕がうまれる。これが今回の試合の敗因ではないだろうか。選手たちには“次を取られたら負ける”と自分に言い聞かせて試合をするように指導した。立命館は精神的な面で強化していく必要がある」

[記事、インタビュー:成澤郁美]

このページの先頭へ