IMG_4213.JPG
第1ダブルス常陰・畠山ペア

関西学生秋季リーグ <@大阪中央体育館9月17日~19日>

○男子
立命館大学 3-2 近畿大学
【第1シングルス】
戸田0(18-21 14-21)2樋口
【第2シングルス】
弘中0(8-21 11-21)2奥谷
【第1ダブルス】
常陰・畠山2(21-18 15-21 22-20)1酒井・木村
【第2ダブルス】
松田・新垣2(19-21 21-14 21-16)1広瀬・樋口
【第3シングルス】
荒木2(25-23 21-16)0黄

第1シングルスで故障の大橋(産4)に代わり、1回生の戸田(法1)が出場。セットをとることはできなかったが、今後に期待がもてる戦いであった。第2シングルスではキャプテンの弘中(国4)が勝ちを奪えなかったが、ダブルス2試合では圧倒的な粘りをみせ、2-2で荒木(文4)に望みを託した。ここで負ければ入れ替え戦。高身長を活かしたプレーで2セットとった。

キャプテン・弘中雅己選手インタビュー
「初戦、同大に競って0-5で悔しい負けを味わい、その後のミーティングで切り替えを上手くすることが大切という話になった。試合を重ねる度にゲーム内容も雰囲気も良くなって、負けたとしても次に繋がるものとなった。明日から始まる個人戦は団体戦と違って自分との戦い。コンディションを整えて各自挑んでいきたい」

荒木隆弘選手インタビュー
「水、木、金と3日間、すべて2-2という状況で自分の番が回ってきた。特に今日は負けたら入れ替え戦だったので、自分がここでしっかりと勝たなければ!と意気込んで試合に臨んだ。みんなの声援にも力が入っていて、よく聞こえた。そのおかげが多少余裕をもって戦うことができた。」


○女子
立命館大学 0-4 龍谷大学
【第1シングルス】
結城杏0(9-21 18-21)2下田
【第2シングルス】
山崎0(12-21 11-21)2小森
【第1ダブルス】
樫山・長谷川0(10-21 17-21)2中尾・宮原
【第2ダブルス】
結城更・金山0(10-21 9-21)2公受・小見山
【第3シングルス】
植田0(2-2 打ち切り)0森

第1シングルスは、1回生の結城杏(政1)が全日本学生王者に対し、第2セットは接戦にもちこんだが敗れた。続く第2シングルスでは、キャプテンの山崎(産4)が粘り強くラリーをするも最後のところで押されてしまい敗戦。ダブルスは、終始追いかける展開となりセットを奪うことはできなかった。

キャプテン・山崎絢子選手インタビュー
「龍大には春リーグも負けていて、強い相手だが、自分のできることをしようと意気込んで試合に臨んだ。自分のところで一本取りたかったが、ラリー力で負けてしまった。
この負けをマイナスに捉えるのではなく、課題を克服してインカレにつなげたい。」


橋本敏信コーチインタビュー
「女子は、第2シングルスが4回でキャプテン同士の戦いだったが、我慢強さが相手の方が上だった。ダブルスは大会を通して勝てておらず、厳しかった。ドライブを先に上げてしまうなど守りに入ってしまうところがあったので、攻撃力を上げていかなければならない。
男子は、ダブルスで二つとって第3シングルスにつなげるという狙い通りの結果になった。第1ダブルスでは、4回の常陰がフォローも声かけも出来ていて常陰のおかげで勝てた。第3シングルスの荒木は、元からある攻撃力に加えて今日は守りが良かった。」


[記事、インタビュー:多満城沙耶、成澤郁美]

このページの先頭へ