%E7%94%B0%E4%B8%AD%E3%80%80911.jpg
起死回生の同点打を放った田中

◇立命館7-7関学
<9月11日(木) 関西六大学準硬式野球秋季リーグ第1節1回戦 @大阪南港中央野球場>

学 000 030 010 3=7
立 002 000 200 3=7

学)石井、増成、坂本、芦田-網田
立)浅井、佐藤、村上-中小路

新チームが発足して初の公式戦となる秋季リーグ戦。立命館はリーグ戦3連覇をかけて関学との開幕戦に臨んだ。

開幕投手に指名されたのは右サイドハンドの浅井(政3)。立ち上がりは先頭打者にいきなり二塁打を許すも、その後のピンチを凌ぎ、無失点に抑える。打線は3回に1死満塁の好機で公式戦初スタメンの2番中森(スポ3)がライトへ犠飛を放ち、1点を先制。続く中小路(法2)が三遊間を破る適時打を放ち、この回に2点を挙げた。

緩急をつけた投球で4回まで無失点に抑えていた浅井だが、5回に2死一・二塁から連続で適時打を浴び、逆転を許す。浅井はこの裏に代打を出され降板。公式戦初先発はほろ苦いものとなった。それでも2番手の佐藤(文1)が2回をパーフェクトに抑える好リリーフを見せ、流れを引き寄せる。すると7回に無死二・三塁から相手の暴投で同点に追いつく。さらに2死一・三塁で代打の藤原(産1)がライトへ技ありの適時打を放ち、勝ち越しに成功した。

このリードを守りきりたいところではあったが、3番手の村上(スポ1)が関学打線に捕まり、同点とされると、10回には守備の乱れもあり、3失点。しかし、立命館の最後まで諦めない野球は全日から確かに受け継がれていた。1死から中小路と蔵立(産3)の安打で、一・三塁とすると、代打の西村(産3)もライト前に落ちる適時打を放ち、2点差とする。さらに満塁のチャンスで7番の田中(スポ3)がレフト前へ適時打を放ち、二者が生還。土壇場で同点に追いついた。このままサヨナラに持ち込みたいところだったが、続く代打の渡辺(産3)はサード正面の併殺に倒れ、時間制限により試合終了。大角(法3)が率いる新チームの初陣は引き分けに終わった。

開幕戦を飾ることはできなかったが、経験の浅い選手の活躍が目立ち、収穫の多い試合となった。4回生の抜けた穴は決して小さくないが、新しい芽は確実に出てきている。3連覇なるかにも当然注目が集まるが、新戦力の台頭にもぜひ注目してもらいたい。

<コメント>
芝田監督
「本当は2-0か3-0で勝つ予定だった。村上が誤算だった。エラーはあったが、これだけ打たれるとは…。しかし、いい勉強になったと思う。バッターは1回生の橋本(営1)がヒットを放つなど収穫があった。打線は前のチームに比べたらまだまだ弱いが、中小路を中心に期待できる雰囲気になってきた。明日、出直して優勝を目指したい」

大角主将
「後輩がミスをしたのはしょうがない。自分が9回の好機で決めてしまえば良かった話。勝ち越されて雰囲気が悪い中で追いつけたのは収穫。もう1点取れなかったのがまだ弱いところ。控えの選手がポイントで活躍してくれ、層の厚さには手応えを感じている。雰囲気が悪いときに盛り上げていける選手がいないので自分たちで雰囲気作りをしっかりやっていきたい」

田中選手
「10回に打ったのはまっすぐ。詰まった分、落ちてくれた。前のチームでは塁に出ることを第一に考えていたが、打順も代わり、甘い球は積極的に打っていこうと思っている。公式戦にも慣れてきて余裕がある分、3回生を中心に盛り上げたり、指示を出したりして引っ張っていきたい。もちろん目標は優勝。まずは明日勝つ」

藤原選手
「先輩が繋いでくれたので、しっかりボールに食らいついていこうと思った。初めてのリーグ戦だったが、全日と同じようにやれた。打撃には自信がある。人工芝で守るのは初めてだったので慣れていきたい」

浅井投手
「開幕投手は結構前から言われていた。3回の投手は僕しかいないから、大角が任せてくれていたので試合を作りたかったが、5回に1点取られてそこで踏ん張れなかったのが悔しかった。緊張はしたが1.2回抑えて気持ち的には楽になったがやっぱり5回が逆転されてしまったので悔しい。次は先発かどうか分からないが機会があればしっかりとチームの為になんとか価値を付けられるためにピッチングしていきたい」

中森選手
「先制を取れたのが良くて逆転された後もすぐではないが繋いで返すことが出来たことが良かった。初スタメンと言うことで多少の緊張はあった。次は試合に出ることが出来たら、2番に置かれている意味を考えて次のバッターにつなぐことを意識して打席に立ちたいし、守備は守備でしっかり自分のやるべきことをやっていきた」

松本選手
「序盤の2点取った後に2アウトから追いつかれて逆転されてそこから追いつけないと思っていたが、相手のミスであったが追いついて逆転できたところまでは良かった。1回生に期待しすぎるのは良くないが誤算だった。それでも点を取られても最終的に追いつけたのはチームが割り切って攻撃できたからだと思う。個人としては打たないといけないところで長打を打てたし、死球も後ろに繋げて得点になったことは次の試合につながったと思う。今日は追いついて終わったので僕たちの方が勢いがあると思うから先制点取って、ミスがあっても焦らないようにして、自分たちの流れで野球がしたい」

中小路選手
「新チーム初めてなんでこんな感じかなと思ったが、今日のような試合をしているようじゃあこれから勝てない。チャンスで1本打てたが、もう一回チャンスがあってそこでも打てるようになりたい。7失点に関しては僕もピッチャーも反省して明日のゲームに挑みたい。明日は守備でしっかりリズムを作って攻撃につないで今日の最終回みたいな攻撃したい」

[記事:馬場遼、武田健吾、写真:馬場遼]

このページの先頭へ