917%E9%90%98%E3%83%B6%E6%B1%9F%E3%80%80.jpg
好投を見せた鐘ヶ江
%E5%A4%A7%E8%A7%92%E3%80%80917.jpg
決勝打を放った大角

◇立命館5-1神大
<9月17日(水) 関西六大学準硬式野球秋季リーグ戦第2節1回戦 @わかさスタジアム京都>

神 010 000 000=1
立 001 013 00×=5

神)守田、●山本龍、大西、伊藤-福井
立)○鐘ヶ江、五十嵐-中小路

先週の第1節は2戦とも引き分けに終わった立命館。今季初勝利をかけて神大との初戦に臨んだ。

先発のマウンドを任されたのは鐘ヶ江(済2)。関学戦では5回4失点と打ち込まれたが、この日は初回を3人で打ち取る上々の立ち上がりを見せる。しかし、2回に先頭打者を四球で出すと、2死二塁から7番の山路に三遊間を破られ、先制を許した。

だが、先制されても慌てないのが立命館の持ち味である。3回に2死三塁の好機を作ると、3番の中小路(法2)が遊撃手のグラブを弾く内野安打を放ち、同点に追いついた。5回にも1死から9番の松原(産2)が左中間の二塁打で出塁すると、さらに相手投手の暴投で三塁に進む。この場面で1番の大角(法3)が前進守備の一二塁間を破る適時打を放ち、勝ち越しに成功。6回にも橋本(営1)と田中(スポ3)の適時三塁打などで3点を追加し、試合を決定づけた。

鐘ヶ江は3回以降終始安定した投球を披露し、8回を4安打1失点の好投。9回には公式戦初登板の五十嵐(スポ2)が走者を出しながらも無失点に抑え、3戦目にして今季初勝利を手にした。ようやく投打の歯車がかみ合い始めてきた立命館。「ここからがスタート」と芝田監督が話すようにここから勝ちを積み重ねていけば優勝は十分に射程圏内だ。まずは明日の2回戦に勝利して来週の関大戦に向けて勢いをつけたい。

<コメント>
芝田監督
「今日は初戦のつもりでやった。一つ勝って格好はついた。ここからがスタート。これからは全部勝つつもりでいきたい。連勝して次の関大戦につなげたい。関大の能塚投手からは上手くいって2点しか取れないだろう。投手陣が安定していないので今の状態よりも上げてほしい。特に村上(スポ1)には立ち直ってもらいたい。今日はナイスゲームだった」

大角主将
「とりあえず1勝できた。勝てたことは大きい。先制されても焦らないのが今年のチームの特徴だが、先制点を取れると優位に進められるのでそこが課題。自分のバッティング(この日は4打数3安打)については初回に打てたのは良かったが、2打席目のチャンスで三振してしまったので早めに対応していきたい。打撃陣は打ち始めるのが遅いのでアップの仕方から考えていきたい」

鐘ヶ江投手
「今日は先頭打者を出さないように心がけた。調子は良かった。得点圏に走者がいる時に気持ちに余裕を持って投げることを意識した。2回に点を取られたときは焦りがあって、入れにいった球を打たれてしまった。自分が投げる試合は完投してチームに1勝をもたらすことができるようなピッチングをしたい」

[記事、写真:馬場遼]

このページの先頭へ