%E7%94%B0%E4%B8%AD%E3%80%80925.jpg
3打点の活躍を見せた田中
%E9%90%98%E3%83%B6%E6%B1%9F%E3%80%80925.jpg
6回を無失点に抑えた鐘ヶ江

◇立命館5-0関大
<9月25日(木) 関西六大学準硬式野球秋季リーグ戦第3節1回戦 @住之江公園野球場>

関 000 000 000=0
立 022 001 00×=5

関)●能塚、吉田-倉石、清水
立)○鐘ヶ江、五十嵐、村上-中小路

第2節を終えて1勝1敗2分と3連覇にむけて後がなくなった立命館。今節の相手は昨年の全日王者で好投手能塚を擁する関大。関大も先週の同志社戦で連敗して後がない状況だけに互いの意地がぶつかり合うゲームとなった。

先発を任されたのはエースの鐘ヶ江(済2)。初回にいきなり2死二塁とされると、暴投で二塁ランナーが一気に本塁を狙う。しかし、ここは捕手の中小路(法2)が落ち着いて処理し、本塁でタッチアウト。先制点は与えない。すると2回に四球と安打で無死一・二塁のチャンスで7番の田中(スポ3)がライト前へ適時打を放ち、1点を先制。さらに2死後、1番の大角が右中間への適時打を放ち、2点目を挙げた。3回にも2死満塁から田中が再びライトへの適時打で2点を追加。3回までに4得点と「良くても2点」という芝田監督の想定を上回る攻撃を見せた。

鐘ヶ江はランナーこそ出すものの、ここぞという場面でギアを上げ、無失点に抑える。課題とされていたリリーフも五十嵐(スポ2)と村上(スポ1)が7回以降を無失点で凌ぎ、次への光が見えた。立命館は6回に相手の暴投で1点を追加し、5ー0と投打で関大を圧倒。今季2勝目を挙げ、優勝に望みを繋いだ。

リーグ戦は半分を消化し、立命館は2勝1敗2分で3位に着けている。ここまでは打線が好調で大角、中小路、蔵立(産3)、橋本(営1)、田中の5人が.350以上の高打率を残している。一方の投手陣は鐘ヶ江が奮闘。浅井(政3)が交通事故で怪我をしたため、翌日の2回戦も鐘ヶ江の先発が孤軍濃厚だ。ストッパーには大きく曲がるスライダーを武器とする村上が控えているため、それまでを繋ぐ投手の頑張りがカギとなるだろう。

<コメント>
芝田監督
「今日はナイスゲーム。前半に点を取れると展開が楽になる。鐘ヶ江はイマイチの出来だが、それなりに投げてくれると思っていた。球数が多かった(6回100球)ので次は修正して欲しい。3回の追加点が大きかった。あれを取ると取れないでは大違い。おかげで安心して見ていられた。打線は大角、蔵立、田中が当たっている。今の投手陣では2、3点以内に抑えるのは厳しいので何とか4点以上は取りたい。明日も鐘ヶ江の先発を予定している。5回まで踏ん張ってくれたら良いだろう。最後は村上で締めるのが勝ちパターン。そこまでを何とかして繋いでいきたい。関大も負けられないと必死になるだろう。明日は関大打線対鐘ヶ江の戦いになる」

大角主将
「もう負けられないという状況をみんなわかっていたから必死にやっていた。それなりに良い試合ができたので次に繋がる。能塚に対して特別なことはしていないが、昨年、対戦して球筋をわかっている人が伝えて打席に立たせた。1打席目でダメな打撃をしても、個々で修正できたのが良かった。明日も勝しかない。1点を必死になって取って、必死になって守りたい」

田中選手
「タイムリーは両方とも真ん中低めのスライダー。能塚は得意ではなかったが、積極的にいて対応できた。チャンスの場面の方が細かいことを考えずに打席に立てている。今季はムラがあるので、残りの試合は全部の試合で活躍することは難しいが、最低限のことはできるようにしていきたい」

鐘ヶ江投手
「調子は良くなかった。体のバランスを良くして投げようと思っていた。先制点をもらえたのでピンチでも余裕を持って投げることができた。3、4、5回は気持ちで押していった。ケアをしっかりして明日に備えたい。(浅井)敬三さんが怪我をしているので自分が投手陣の中心になって頑張る」

[記事、写真:馬場遼]

このページの先頭へ