%E9%90%98%E3%83%B6%E6%B1%9F%E3%80%80926.jpg
連投ながら好投した鐘ヶ江
%E4%B8%AD%E5%B0%8F%E8%B7%AF%E3%80%80926.jpg
3安打2打点と活躍した中小路

◇立命館6-1関大
<9月26日(金) 関西六大学準硬式野球秋季リーグ戦第3節1回戦 @住之江公園野球場>

立 101 010 021=6
関 001 000 000=1

立)○鐘ヶ江、村上-中小路
関)●吉田、横谷、小川、能塚-倉石、清水

リーグ戦はついに後半戦に突入。3連覇へ残り全勝が必須な立命館はこの日もエースの鐘ヶ江(済2)を先発マウンドへ送った。

早めに鐘ヶ江を援護したい打線は初回に1死から2番の山本(スポ2)が四球で出塁すると、続く中小路(法3)が初球を叩き、レフトフェンス直撃の適時二塁打となり、1点を先制する。3回には1死二・三塁から5番の松本(産3)が初球にスクイズを決め、追加点を挙げた。「若干、肩が重かった」という鐘ヶ江は初回の2死一・三塁のピンチを凌ぐも、3回に再び2死一・三塁とされてしまう。ここで4番の深井にライトへの適時打を浴び、1点を返された。

次の1点をどちらが取るかが試合の流れを決めかねない状況で5回に無死二塁から中小路がこの日3安打目となる適時二塁打を放ち、再び2点差とする。鐘ヶ江は4回以降立ち直り、8回までの5イニングをわずか1安打に抑え込む。流れを相手に渡さなかった立命館は8回に相手の失策で2点を追加。9回には途中出場の岩橋(理2)の適時打で1点を加えた。最後は村上(スポ1)が最終回を0に抑え、関大に連勝。通算成績を3勝1敗2分とし、2位に浮上した。

エースの粘りで優勝争いに踏みとどまった立命館だが、まだまだ気の抜けない戦いが続く。次週の相手は打線が強力な阪大。首位の同志社と最終節で優勝争いをするためにも負けは許されない。

<コメント>
芝田監督
「先制、中押し、ダメ押しと文句なしの展開だった。打線は1~4番に頼る格好になっていて下位にメリハリがついていないのが課題。鐘ヶ江にはエースらしいピッチングが必要をしてもらいたい。エースというのは周りから信頼される投手であり、そうなってもらいたい。初回の先頭打者に四球を出したのはダメだった。先頭打者を取るということを徹底してほしい。今日は中小路がキーポイントだった。1、2番がしっかりやってくれているし、ああいう得点パターンでやっている。阪大とは打ち合いになるだろう。取りこぼしのないように確実に2勝したい」

大角主将(法3)
「展開は良かった。2試合続けて先制して流れとしては良い形で進んだ。雑な攻撃は少なかったし、ああいう形ですれば勝っていける。来週もやることは変わらない。やるべき事をしっかりできればうちの流れで勝てる」

鐘ヶ江投手
「若干、肩が重いくらいで疲れはなかった。球自体は良かったが、失点の場面はコースが甘かった。7回までは接戦だったので気持ちを引き締めながら投げた。8回に追加点が入ってからはテンポを上げてストレートで押していった。自分が投げる試合は落としたくないので全部勝つつもりで投げる」

中小路選手
「昨日はあまりチームに貢献できなかったので、チャンスで打てて良かった。初回の打席は甘かったと思ったので初球を振った。鐘ヶ江はしっかり投げてくれたし、しっかりリードしようと思った。ピッチャーが安定していないので、先に点を取って楽にさせてあげたい」

[記事、写真:馬場遼]


このページの先頭へ