%E9%85%92%E4%BA%95%E3%80%80326.jpg
公式戦初登板ながら好投した酒井

◇立命館2―0関学 〈3月25日(水) 関西六大学準硬式野球春季リーグ第2節第1戦 @わかさスタジアム京都〉

学 000 000 000=0
立 010 001 00×=2

学)●坂本、河野―網田
立)酒井、○五十嵐、七條、浅井、S村上―中小路

リーグ戦4連覇を目指す今季だが、第1節の関大戦では連敗を喫して早くも追い込まれた立命館。さらに絶対的エースである鐘ヶ江(済2)の状態が思わしくなくこの日は登板を回避。もう一つも負けられない中で真のチーム力が試される試合となった。

この窮地の中で先発を任されたのは公式戦初登板の酒井(産1)。持ち味の打たせて取るピッチングで初回を三人で抑える。先制点が欲しい立命館は2回に2本の安打と四球で2死満塁のチャンスを掴む。ここで打順が2番に昇格した松原(産2)が死球を勝ち取り、押し出しで先制点を奪った。援護をもらった酒井はランナーを出しながらも要所で内野ゴロに打たせて取り、関学に得点を許さない。酒井は4回を投げて無失点と先発としての役割を果たした。

追加点は6回にこの日は1番に座った田中(スポ3)の犠飛による1点にとどまったが、この日は投手陣が踏ん張った。5回以降を五十嵐(スポ2)、七條(済2)、浅井(政3)、村上(スポ1)と繋いで関学打線をわずか3安打に抑え込み、得点を許さなかった。5人の投手をつぎ込んで完封勝利を収めた立命館は3戦目にして今季初勝利。現在は1勝2敗で3位タイにつけている。

絶対的エースを温存しての完封勝利は投手陣の自信にもなり、非常に価値のある1勝となったことだろう。チャンスを作りながらも後一本が出ない打線には課題が残ったが、個々の状態は決して悪くない。次の試合では点を線に繋げていきたい。

<コメント>
芝田監督
「酒井と五十嵐がよく投げてくれた。5人で繋ぎながら何とか最後の村上まで持って行けた。打線がイマイチでチャンスで一本が出なかったことで苦しんだが、よく頑張ってくれた。もう一戦も負けられない。鐘ヶ江は肩の調子がよくないので様子を見ながら今日のような投手リレーになるだろう。打線をしっかりと繋げられるようにしていきたい」

松本副主将
「今日は継投がハマッた。安心できる投手から順番に繋いでいった。酒井は練習をしっかりしていてコントロールが良くなったし、五十嵐もここに来て株が急上昇してきている。まずは1勝できて良かった。次はどう打つかを考えながら試合をしていきたい」

酒井投手
「先発は昨日に言われたが、いつでも行ける準備はしていた。力を出せばそれなりに結果は出せると思っていた。今の力は出せたが、まだまだできると思っている。同期の村上が昨年から活躍して悔しかった。まだスタートラインに立ったばかりなのでしっかりトレーニングしてアピールしていかないといけない。コントロールと変化球で勝負して少ない球数でテンポ良く投げていきたい」

<記事、写真:馬場遼>

このページの先頭へ