%E6%9D%91%E4%B8%8A%E3%80%800402.jpg
好リリーフを見せた村上
%E4%B8%AD%E5%B0%8F%E8%B7%AF%E3%80%800402.jpg
同点打を放った中小路

◇立命館5―1阪大 〈4月2日(木) 関西六大学準硬式野球春季リーグ第3節1回戦 @皇子山球場〉

阪 100 000 000=1
立 000 001 04×=5

阪)●加藤、秋山―佐々木
立)鐘ヶ江、七條、○村上―中小路

第1節の関大戦で連敗したものの第2節の関学戦で連勝し、優勝の可能性を残している立命館。優勝争いに踏みとどまれるかどうかの境目となる第3節の相手は阪大。前の試合では同志社相手に12得点を奪って勝利しており、勢いに乗っているチームだ。この大事な試合のマウンドを任されたのはエースの鐘ヶ江(済3)。しかし、先頭打者に安打を許すと犠打と暴投で1死三塁とされる。すると2ボールからの3球目を相手打者がスクイズを敢行。一塁手の蔵立(産4)は本塁へ送球するも、判定はセーフとなり、先制を許した。

打線はその裏に三つの四死球で1死満塁と早くも反撃のチャンスを掴む。しかし、ここで5番の藤原(産2)は併殺に倒れ、無得点に終わった。その後も立命館は良い打球を放つも野手の正面を突く不運な当たりが続き、5回までわずか1安打に抑えられる。

試合の流れが変わったのは6回だった。無死一、二塁のピンチから登板した村上(スポ2)がこのイニングを無失点で切り抜けると、立命館ベンチが盛り上がりを見せる。するとその裏に死球と相手の失策で無死一、三塁と絶好のチャンスを迎え、ここで打席に立つのは頼れる4番の中小路(法3)。中小路は初球を叩き、レフト前へ同点打を放つ。その後のチャンスは生かせなかったが、「追いついて勝ちは見えていた」(芝田監督)と確実に試合の流れは立命館に傾いていた。

決着がついたのは8回裏だった。先頭の1番・松本(産4)がセンター前への安打で出塁すると、続く田中(スポ4)は死球、大角(法4)は内野安打で出塁し、無死満塁として再び中小路にチャンスで回ってきた。中小路は3-1から死球となり、 押し出しでついに勝ち越しに成功する。さらに藤原と成瀬(法2)の適時打と途中出場の山本(スポ3)の犠飛でこの回だけで4点を奪い、試合を決定づけた。

村上は9回も阪大打線を無失点に抑えて今季初勝利。立命館は3連勝を飾り、通算成績を3勝2敗とした。リーグ戦は半分を消化して4勝1敗の関大と同志社に次ぐ3位につけている。自力優勝の可能性はすでに消えているが、他校の結果次第ではまだまだ優勝は狙える位置だ。4連覇を達成するためには残り全勝が絶対条件だ。次の第2戦も一戦必勝で臨みたい。

<コメント>
芝田監督
「1回の満塁のチャンスを併殺でつまずいて苦しんだ。もう少しテンポ良く打ってくれないといけない。負ける気はしていなかったが、追いついたことで勝ちは見えていた。その後のバントミスがなければ何点か入って楽になっただろう。明日は初回から点を取るつもりでいってほしい。中小路が頼りになるので彼の前に走者を溜めていきたい」

大角主将
「野球は流れのスポーツだから流れを相手にやらないようにしないといけなかった。ミスからの失点はいらなかった。相手投手の対策は個々に任せていたが、試合中に修正できなかった。秋からの傾向だが、打線のエンジンがかかるのが遅い。序盤から点を取れる取れないよりもまずは得点圏に走者を進めて形を作っていきたい」

中小路選手
「自分のミスから失点したので取り返さないとという気持ちで打席に立った。6回の場面は最低でも外野フライと思っていたが、上手く抜けてくれた。勝っていかないと全日に行けないので全部勝つつもりでやっていきたい」

村上投手
「6回に先頭打者が出た時点で自分が行くしかないと思っていた。無死一、二塁の場面ではバントさせないように全力で投げた。6回は全力で投げたが、それ以降は長いイニングを見据えてストライク優先で投げた。チームが苦しんでいるのは自分が関大戦で打たれたせいなのでピンチで火を消すつもりで投げていきたい」

[記事、写真:馬場遼]

このページの先頭へ