DSC00151.jpg
完封勝利を収めた桜井

◇立命館3-0近大
<9月6日(土) 関西学生野球連盟秋季リーグ 第2節 1回戦@ほっともっとフィールド神戸 >

立 200 010 000=3
近 000 000 000=0

立○桜井-小川
近●畠、池田、宝利、松田-谷村、山野


 京大相手に2連勝を飾り、勝ち点を獲得した前節 の立命館。今日から始まった近大戦は前日オリックス・バファローズが使用した天然芝の名球場・ほっともっとフィールド神戸(元グリー ンスタジアム神戸)で行われた。そんな今日の試合も立命ナインは春の王者らしい堂々とした戦いぶりをみせ、開幕3連勝を果たした。

 立命館は1回、制球の定まらない相手先発・畠か ら1死満塁の好機を作り、5番小川が四球を選び押し出しで先制。さらに続く6番古川敬の併殺崩れの間にもう1点を追加し2-0。「早い回に得点が欲しかった」(松岡監督)というベンチの思惑通り早々に先制点を挙げ、試合を優位に進め る。

 先発はエースの桜井。2回に1死満塁のピンチを背負うも直球で内野フライを打たせ、無失点に切り抜ける。「(地元・神戸で)良いところを見せたかった」との言葉通りその後も走者を背負うも要所を締めたピッチングでチームに流れを もたらした。

 5回表、2回途中から畠の後を継ぎ、4回まで抑えこまれていた近大の左腕・池田からようやく好機をつかみ、6番古川敬の左前適時打で3点目。 「勝つことが目標」と語る主将の気迫こもった一打で試合の主導権を完全に握り締める。その後も得点こそならなかったが安打や四球などで毎回のように走者をため、相手にプレッシャーをかけ続けた。

 桜井は最終回までマウンドに上がり、相手打線をピシャリと封じ完封勝利。先週の京大戦で9回に失点し完封を逃した悔しさを晴らした結果と なった。


〔インタビュー〕
松岡監督
「初回の得点は良かった。よく好機をものにし た。桜井はいい投球をしていた。桜井の球はリ リースポイントまでの腕の持っていき方が良 く、手元で伸びるため、いい回転をさせることができるのだと思う」

桜井投手(殊勲の完封勝利)
「自分のリズムで投げることができた。(中継 プレーなど)守備にも助けられた。(2回に監督がマウンドに来て)特に何か変えたわけではな いが、丁寧に投げることを意識した。まっすぐ で空振りが取れてなかったのが反省。変化球の精度もこれから上げたい」

古川敬選手(適時打を含む2打点の活躍)
「来週に試合がないためこの2試合は総力戦で臨 むつもりだった。明日も一人ひとりが力を出せ るように頑張る」

小川選手(正捕手として桜井を好リード)
「初回は打線が繋がった。点数が取れるだけで いいペースに持っていくことができるのでよ かった。桜井は調子が良くなっており、変化球の精度も上がっていた。(ほっともっとフィール ドは)気持ちよかった」


[文:仙田幸久、写真:納屋忠之]

このページの先頭へ