%E6%A8%AA%E5%B7%9D.jpg
ライトスタンドへホームランを放つ横川
%E8%A5%BF%E5%B7%9D%E5%A4%A7.jpg
7回を無失点の西川大

◇立命館3‐0近大
<9月7日(日) 関西学生野球連盟秋季リーグ 第2節 2回戦@ほっともっとフィールド神戸>

近大 000 000 000=0
立命 000 000 12X=3

近大)●畠、池田 ― 山野
立命)○西川大、東 ― 小川


 投手戦を制した立命館が、開幕から負けなしの4連勝で勝ち点を2と増やした。7回に横川(産3)のソロホームランで先制すると、8回には佐々木(産1)の2点タイムリーで点差を広げた。先発の西川大(文3)は途中足をつるアクシデントがありながらも7回を投げ切り無失点と好投した。

 近大・畠は、昨日に引き続いての先発。しかし2回途中で降板させた昨日と違って、コントロールされた力のあるボールに立命打線は5回までノーヒット、ランナーすら出せていなかった。だが「どこかで必ず打てるから、粘って多く球を投げさせるように」との松岡監督の指示が功を奏すことになる。試合を決める一打が飛び出したのは7回、横川のバットから。内角高めを思い切り振り抜いた当たりは高く舞い上がりライトスタンドへ入り込んだ。深い緑色のライトスタンドで白球が跳ねると、一塁側は大いに沸き上がった。8回には古川敬(産4)、高島(産3)の2連打で作ったチャンスから代打・佐々木が三遊間を抜くタイムリーで2点を追加し、ダメを押した。
 もちろん、9回を0点に抑えた投手陣の働きも見逃せない。西川大は「うちなら1点取れると思っていた」と、抑え込まれていた序盤でも打線を信じて投げ抜いた。6回2死2塁の場面で右ふくらはぎがつってしまったが、一旦ベンチに戻りテーピングを施して続投。1人にデッドボールを与えたが、次打者はバットを真っ二つに折る直球で打ち取り、脚の影響は全く感じさせなかった。続く7回にもマウンドに上がりこの日9つ目の三振を奪う快投でチームに流れをもたらし、打線の援護を呼び込んだ。後を受けた東(文1)はピンチも作ったが、自らの好フィールディングもあり、2回をきっちり無失点で終えた。


◇試合後のコメント
松岡監督「西川大は低めに丁寧に投げていた。全日本で打たれてから成長している。」(開幕4連勝に)「今の調子をずっと続けていきたい。投手陣も頑張っているし、打線も期待できるチームだ」

西川大「チェンジアップでカウントをとれたのが良かった。後ろにはいいピッチャーが控えているので、ペースは考えずに1イニングずつ全力でいった。」(右ふくらはぎは)「少し気にはなったが、なんとかいけた」

このページの先頭へ