IMG_0044.JPG
打撃が好調の小川
IMGP0251.JPG
公式戦初登板の渡邊

◇立命館1-4同志社
<10月14日(火)関西学生野球秋季リーグ最終節1回戦@わかさスタジアム>

立 000 100 000=1
同 021 100 00x=4

立)●桜井、東、渡邊-小川
同)○柏原-川端

<出場選手>
(遊)山足(産3)
(中)八代(文4)
(右)古川敬(産4)
(一)高島(産2)
(左)古川昴(産3)
(三)横川(産3)
(捕)小川(スポ4)
(二)池内(法2)
(投)桜井(法3)→投 東(文1)→打 葛上(スポ4)→投 渡邉(法1)

最終節・秋の立同戦が本日開幕した。しかし、立命館にとってはただの伝統の一戦ではない。この戦いで2勝し勝ち点をとると、ぐっと優勝に近づく。立命館にとっては何としても勝たなければならないカードなのだ。

先発は桜井。このリーグ戦も春と同様に調子が良く、今日も一戦目を託された。しかし、
味方のエラーも見られ、思うようなピッチングができず、2回途中で降板。代わった東も本調子が出ない。さらに、ここでも守備が乱れエラーが出てしまい、立命館は4回までで4失点と苦しい試合展開になった。守備の流れが悪かったせいか、攻撃も繋がらない。4回表、7番横川が8球粘った後に右前安打を放ち出塁、その後の8番小川が「無我夢中で自分を信じて打つことができた」と中前安打を放って1点返した以外は、攻撃に良い場面は見られなかった。
だが、今後の立命館の勝利につながる新たな選手も登場した。回、東に代わりマウンドに上がった渡邊である。公式戦初登板で、「とても緊張した」と試合後答えたが、1回生ながらも堂々としたピッチングで、同志社打線を抑えた。ストレート、カーブ、スライダーを持ち球に持っており、緩急つけたピッチングが期待できそうだ。今後の活躍に目が離せない。
反省点が多く見られた今日の試合。松岡監督は、「動きが固く、気持ちばかりが前に出てしまい打たされていることが多かった。4つのエラーをするなど噛み合いが悪かった。相手の同志社大学は元々力があるチームだが、甘く見ていたのかもしれない。明日は開き直って、後がないので思い切って戦いたい」と悔しそうな表情を浮かべた。
立命館はもう負けられない。優勝の望みをかけて、明日は必ず勝たなければならない。主将の古川敬は「負けたら終わりなので、チーム一丸となって一つの勝ちに向かいたい」と明日への意気込みを語ってくれた。

[記事:武本英里香、写真:多満城沙耶、成澤郁美]

このページの先頭へ