%E5%B0%8F%E5%B7%9D%E3%80%801015.jpg
勝ち越し打を放ち、塁上でガッツポースを見せる小川

◇立命館6-2同志社
<10月15日(水)関西学生野球秋季リーグ最終節2回戦@わかさスタジアム>

同 020 000 000=2
立 000 001 05x=6

立)西川大、○東、桜井-小川
同)花田、矢野敦、大家、●柏原、隠岐、平尾拓-川端

【立命館大学打撃成績】
守備 名前  (出身高校)学年 打安点球振盗犠
 6 山足  (大阪桐蔭) ③  4100000
 9 古川敬 (生光学園) ④  3001010
 7 古川昂 (立命宇治) ③  4110200
 3 高島  (神港学園) ②  3001100
 5 横川 (神港学園) ③  1013100
 2 小川  (東  筑) ④  3120101
 4 池内  (今 治 西  ②  2000200
H 佐々木 (日 大 三) ①  1000100
4 有友  (今 治 西) ③  1120000
 8 八代  (報徳学園) ④  4000100
 1 西川大 (高  知) ③  1000100
 H 葛上  (観音寺一) ④  1000000
 1  東  (愛工名電) ①  0000000
 H 小嵜  (立命宇治) ④  1100000
 R 尾松  (神国大付) ③  0000000
 1 桜井  (北 須 磨) ③  0000000
合計           295651011

負ければこれがリーグ戦最後の試合、勝てば優勝へぐっと近づく立同戦第2章。昨夜はリーグ戦で勢いを落としていた同志社が意地を見せ、完敗を喫したが、今日の試合で意地を見せたのは、立命館だった。

先に守る立命館の先発は西川大(文3)。2回、安打と四球で2死2、3塁と好機を与え、1番青木に先制の2点適時打を浴びる。西川はこの回以外にも再三のピンチを背負うが、要所を締め、6回を2失点。先発投手としての役割を果たした。
%E8%A5%BF%E5%B7%9D%E5%A4%A7%E3%80%801015.jpg
先発の西川大

一方、昨日の試合で同志社投手陣に散発4安打に抑えられた打線は今夜も六回途中まで相手先発の花田の前に無安打と、なかなか好機を作ることができない。

しかし、このまま0点で終わらないのが立命館。「負けていても、決して全員が下を向かない」という立命ナインの気持ち一つに、相手先発の花田に立ち向かう。するとその思いがバットに乗り移ったのであろう、6回に3番に入った古川昂(産3)が追撃の適時三塁打。「1点がほしかった」と古川昂、この適時打から流れが立命サイドに傾く。
%E5%8F%A4%E5%B7%9D%E6%98%B4%E3%80%801015.jpg
適時三塁打を放つ古川昴

7回から西川の後を継いだ1回生左腕の東(文1)は「調子が良かった」との言葉通り8回までを1安打無失点と完璧な投球。今季、ピンチの場面で何度もマウンドに上がり、その窮地を脱してきた「救世主」が今夜も光を放ち、味方の反撃につなげた。
%E6%9D%B1%E3%80%801015.jpg
好リリーフを見せた東

すると、後輩の好投を見殺しにするわけにはいかないとばかりに打線が奮起。7回も得点こそならなかったものの相手投手を攻め、好投の花田をマウンドから引きずり下ろし、さらに8回。先頭の代打・小嵜(産4)が三塁強襲の二塁打。この安打をきっかけに立命打線が火を噴く。小崎の後続である古川敬らが相手の目まぐるしいほどの継投にも屈せず、きっちりと四球を選ぶなどの役目を果たし、2死満塁とこの試合一番の好機を作る。ここで打席に立ったのは5番横川(産3)。カウント3-1からの際どい直球を見極め、押し出し四球で同点。続く打者は、4回生として最後のリーグ戦に臨む小川(スポ4)。「高めを狙っていた」という小川は7球目のを真っ直ぐを強振すると、三塁線を抜ける勝ち越しの適時2点二塁打となった。「練習の虫」とナインが認める努力家の一振り-彼がこれまでに積み上げてきた努力の結晶-が土壇場で輝き、試合の主導権を立命館が一気に握り締める。
%E5%B0%8F%E5%B7%9D%20%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%A0%E3%83%AA%E3%83%BC.jpg
決勝打を放った小川

続く途中出場の有友(スポ3)も代わったばかりの5番手隠岐から6点目となる2点適時二塁打を放った。
%E6%9C%89%E5%8F%8B%E3%80%801015.jpg
有友も続く
%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%81%E3%80%801015.jpg
生還した横川と小川を迎える選手たち

最終回にはエースの桜井(法3)が登板し、貫禄ある投球で相手を封じ試合終了。終盤の華麗な大逆転劇で立命館が春秋連覇に王手をかけた。
%E6%A1%9C%E4%BA%95%E3%80%801015.jpg
最後は桜井が締めた

明日の立同3回戦で立命館が勝てば2季節連続のリーグ優勝となる。明日は両軍ともに総力戦となることが予想されるが、持ち前の粘りと、好機を確実にものにするしたたかさを武器に、ぜひとも連覇を達成してほしい。最後に笑うのは、立命ナインだ。

◇インタビュー◇
○松岡監督
「(打順の組み替えについて)相手投手を見て決めた。昨日は上手く打線がかみ合わなかったので、八代を下げて、高島と古川昂を入れ替えた。(投手について)西川大は青木以外には打たれていなかったので、そのまま投げさせた。だいぶ粘ってくれた。本当のピンチがくれば東、桜井などいつでもいけるように整えさせていた。桜井も最後いい形で抑えてくれた。(8回の逆転劇について)代打の小嵜がやってくれた。みんな、流れを止めずによくぞつないでくれた。小川はよく練習をするので、その成果だろう。(関大が近大が勝ったことで)気が多少楽になった。勝ち点を取れば良いだけだという点においては、連覇のチャンス。(今季のチームについて)昨日のように焦っている場面では早打ちが多い。しかし、今日のように流れが来たときには粘って球をよく見極めることができている」

○小川選手(殊勲の勝ち越し適時打)
「(8回の打席は)高めを狙って打とうと意識していた。みんなでつないだ結果だと思う。期待に応えられて良かった。5回くらいまではベンチの雰囲気はあまりよくなかったが、徐々によくなったと思う。明日は勝っても負けてもリーグ戦最後で、また優勝もかかっているので絶対負けられない試合なので頑張る」

○東投手(流れを引き寄せる好投&2勝目)
「(2勝目は)ありがたい。逆転した時に勝ち投手になれると思っていた。チームが勝てたことが一番。いつ西川大が捕まってもいいように準備していた。明日は総力戦なので、投手陣は0を並べたい。(個人としては)与えられた場面で全力投球をしたい」

○古川昂選手(1点差に迫る適時打)
「監督が5回終了後のミーティングで元気出してハツラツにいこうと言っていて、自分も気持ちを切り替えて打席に入った。二日間で緊張は取れたと思うので、どの投手がきても自分の力を出す。後一つ勝つだけなので、守備からリズムを作って先制点を取れるようにしたい」

○小嵜選手(8回、反撃の口火を切る二塁打)
「今まで試合に出られていなかったが、出たら打てる自信はあった。引退した4回生のためにも絶対に神宮に行くという気持ちを持って食らいついていきたい。自分自身が打てたことでチームが勢いづけて良かった」

○有友選手(8回にダメ押しの2点適時打)
「真っ直ぐだけを狙っていた。感触は覚えていないが、振ったら当たった。先輩が適時打を打って楽だった。打撃は信頼がなかったので最初のストライクを振ると決めていた。守備は自分の持ち味なので、自分のところに飛んで来いと思っている。明日も自分の出る機会があれば貢献したい」

[記事:仙田幸久、インタビュー:仙田幸久、馬場遼、武本英里香、多満城沙耶、成澤郁美、写真:馬場遼、多満城沙耶]

このページの先頭へ