%E6%9D%BE%E5%B2%A1%E7%9B%A3%E7%9D%A3%E3%80%801016.jpg
八代(左)に声をかける松岡監督。この試合が最後の采配となった

◇立命館2-3同志社
<10月16日(木)関西学生野球秋季リーグ最終節3回戦@わかさスタジアム>

立 010 000 010=2
同 000 001 20x=3

立)桜井、●西川大-小川
同)○柏原-川端

【立命館大学打撃成績】
守備 名前  (出身高校)学年 打安点球振盗犠
 6 山足  (大阪桐蔭) ③  5200100
 9 古川敬 (生光学園) ④  3001001
 7 古川昂 (立命宇治) ③  5100200
 3 高島  (神港学園) ②  4000100
 5 横川 (神港学園) ③  4010000
 2 小川  (東  筑) ④  4200100
 4 有友  (今 治 西) ③  3000000 
H 池内  (今 治 西) ②  1100000
 8 八代  (報徳学園) ④  4310000
 1 桜井  (北 須 磨) ③  2000000
 1 西川大 (高  知) ③  0000001
 H 葛上  (観音寺一) ④  1000000
合計              36921502 

勝てば優勝、負ければ終わりという状況で迎える今季の立同戦。ここまで1勝1敗と両者譲らず、この第3戦で雌雄を決することとなった。

優勝に向けて先取点を取りたい立命館は2回、2死3塁から八代(文4)が左翼前にポトリと落ちる安打を放ち、先制。「気持ちで打つことができた」とほしかった1点をもぎ取り、幸先のよいスタートを切る。

%E5%85%AB%E4%BB%A3%E3%80%801016.JPG
先制打を放った八代

立命館の先発はエース桜井(法3)。おとといの初戦でも先発したが相手打線に捕まり、その悔しさをぶつけるマウンドとなった。その桜井、今夜は「調子がよかった」と同志社打線を5回まで無失点に抑える。
%E6%A1%9C%E4%BA%95%E3%80%801016.JPG
先発の桜井

しかし6回、同志社の3番庄子に左越えの適時打を浴び同点とされるとここで桜井は降板。マウンドを、今季二枚看板として桜井とともに投手陣を引っ張ってきた西川大(文3)に託した。
桜井の後を継いだ西川大だったが7回、1死から6番藤田に四球を与える。そして2死後、8番篠川に投じた初球のストレートを左翼スタンドへ完璧に運ばれ、1ー3。西川大の今季2本目の被弾で同志社に勝ち越しを許してしまう。

2014.10.17%E3%80%80%E8%A5%BF%E5%B7%9D%5B1%5D.jpg
勝ち越し弾を打たれた直後の西川大

ビハインドの中でも勝機を見いだし、一気に逆転したい立命館は直後の8回、1死満塁から横川(産3)の二塁ゴロで一点差に詰め寄り、さらに二死満塁と好機を迎える。ここで打者は好機に強い小川(スポ4)。しかし、2-2からの直球に見逃し三振。「ボールだと思ったので」と小川。9回の攻撃にすべてを託すこととなった。

もう後がない立命館は9回、完投を目指す相手先発の柏原から先頭の代打池内(法2)、八代の連続安打などで一死満塁の絶好機を作る。ここで打席には主将としてここまでチームを引っ張ってきた古川敬(産4)。2球目を振り抜くもこれが本塁封殺の二塁ゴロとなり、二死。続く打者は今季4番も務めたことのある古川昂(産3)。一打出れば逆転、凡退なら今季終了という大事な場面での打席。しかし、中飛に倒れ万事休す。連覇を狙った立命館だったが、今季は関大に勝ち点で及ばず7勝4敗の2位(他2チーム)に終わった。

%E6%95%97%E6%88%A6%E3%80%801016.jpg
敗戦に肩を落とす選手たち

なお、ベストナインには捕手部門で小川寛木、一塁手部門で高島勇弥(産2)がそれぞれ選出され、小川は「監督に捧げることができて嬉しい」と振り返った。さらに、チームの指揮を20年間執ってきた松岡憲次監督の今季限りでの退任も発表された。
%E5%B0%8F%E5%B7%9D%E3%80%801016.JPG
攻守でチームを牽引した小川

%E9%AB%98%E5%B3%B6%E3%80%801016.jpg
4番打者として活躍した高島

今季のリーグ戦が終わり、4回生は引退となる。本日のスタメンの中では主将の2番古川敬、正捕手の6番小川、内外野をこなしてきた8番八代がこのチームを去る。これまで4回生の活躍はチームの勝利を呼び、その結果春季にリーグ制覇を達成。比較的若いチームと言える立命ナインの中でも4回生の存在感と技術は下回生を奮い立たせるよき見本となっていた。明日からは新チームが始動。4番を打つ高島、二枚看板の桜井、西川を筆頭に3回生以下で主力を張っている選手も多くいるが、まずは来月に行われる新人戦に向けて個々がたゆまぬ努力を重ねてほしい。新生立命ナインは、果たしてどんな野球を見せてくれるのだろうか。

◆インタビュー◆
●松岡監督
「勝つべきゲームだったが、私の力不足だった。選手たちはチーム一丸となってやってくれた。桜井は6回1失点、合格点だと思う。西川もよくやったが、相手が狙い澄ましていたようだった。選手たちは試合前胴上げするんやと言ってくれていて、いい子供たちに恵まれたと思う。(20年の監督人生において)悔いは全くない。20年で308勝もさせてもらった。(退任の理由は)とにかく20年目で、節目だということ。(印象に残っているゲームは)全部。本当に子供たちが成長してくれてよかった」

●桜井投手(6回1失点と先発の役割を果たす)
「打たれた球はスライダーで、結構いいところにいったが上手く打たれた。来年は勝つことを目標にやっていきたい」

●高島選手(2回生ながらもベストナインに輝く)
「ベストナインは獲れたが優勝できなかったので悔しい。立同戦の前まで打率はそこそこ良かったし、獲れてよかった。(打順が4番に戻ったが)7番に下がって楽になった。思い切り振ることができるようになって、4番に戻ってもそれが継続できた。(大きな応援に)ナイターで、たくさん応援に来て頂いたので、勝ちたかった。(これからについて)身に着けたいのは、試合の中で修正する力。同じ投手ばかりに抑えられないように、見直していかないといけない」

●小川選手(4回生の副主将、最後のシーズンでベストナイン)
「(優勝をあと一歩のところで逃し)優勝できなかったら、一歩でも百歩でも一緒。下回生にいい選手は多いので個人でも目標を達成してほしい。(印象に残っている試合は)最初の試合と、今日の最終打席。延長16回に始まり、そして今日は打たないと負ける場面で回ってきた。(入学当初の自分と比較して)一般入部だったし、スポーツ推薦に負けられなかった。私立のイメージが湧かなかったし、監督のおかげでここまで来れた。この大学を選んでよかった。(練習の虫、と周囲から評されていることについて)へたくそだが使ってくれる監督がいるので練習しないと失礼だという気持ち。自分が活躍できないと監督が文句を言われてしまうので。日課としては自主練や、ビデオを見て、休みながらも野球につながるようなことをしていた。(ベストナインについて)自分が獲れるわけないと思っていたし、監督が使ってくれたのが正解だということだと思う。(監督の退任について)シーズン前から知っていた。自分の引退よりも監督をわかさスタジアムではなく東京で終わらせてあげたいと思っていたので、それができなかったことが悔しい。(今後について)社会人からプロを目指します」

●八代選手(4回生、最後の試合で猛打賞)
「優勝できなくて悔しい。立同戦が始まる前に意地を見せようと思っていたが、1戦目、2戦目と安打が出なかった。最後の試合で結果が出てよかった。1回生から試合に出させてもらえて充実した4年間だった。賞をとることができなくて悔しい気持ちもあるが、いい思いをさせてもらった。今後は社会人野球を目指したい」

●古川敬選手(主将、攻守にわたってチームを引っ張る)
「自分たちも去年優勝できなかった、後輩たちには今季勝てなかった理由を探して、必ず優勝してほしい。一緒に4年間やってきた4回生には、こんな主将についてきてくれてありがとうという気持ちでいっぱい。監督は自分にとって本当に大きな存在だった。器の大きい人で、自分が辞めようとしたときにも留めてくれた。父親のような存在だったからこそ、胴上げしてあげたかった」

[記事:仙田幸久、写真:多満城沙耶、納屋忠之]

このページの先頭へ