DSC00730%20%282%29.JPG
トライを決めた#14藏田

◇立命館28-15京産大
<11月23日(日) 2014 関西学生Aリーグ第6節 @宝ヶ池球技場>

      前半  後半  合計
立命館   7    21   28
京産大  15    0    15


もう後がない。崖っぷちに立たされた王者が本来の力を発揮した。ここまで全勝を続けてきた京産相手に真っ向から立ち向かい、逆転で勝利を収めた。

試合は前半9分、#9西山が中央ラックより持ち出して先制のトライを決める。これで試合の主導権を握ったかに思われたが、前半12分にPGを決められ3点を返されると、16分には逆転のトライを、30分にもトライを決められて点差を8点に広げられてしまう。前半最後には猛攻を仕掛けるも、京産の強力FWがあと一歩を許さず、試合は硬直したまま後半に移る。

後半、流れはいきなりやってきた。開始直後の1分に#14藏田がインターセプトからトライに持ち込み、ゴールも合わせて点差を1点に縮める。さらに13分には#12市原がキックしたボールを藏田がすくい上げてトライに持ち込み、逆転する。そこからおよそ25分間、両者1歩も譲らないぶつかり合いが展開されるが、39分に#11宮田が右端に貴重な追加点となるトライを決める。試合をモノにし、京産大にリーグで初めて黒星をつけた。MOM(マンオブザマッチ)には藏田が選ばれた。

引き分け、敗戦が続き、苦しみながらも掴み取った勝利。これにより、第51回全国大学ラグビーフットボール選手権大会のセカンドステージ進出が確定した。12月には4週連続試合という厳しい戦いが待っている。しかし、今日の試合でチームはまた1つ結束を強めた。まずは、関西リーグ最終戦の同志社戦だ。伝統校同士の熱き戦いが関西ラグビーのフィナーレを飾る。


試合後のインタビュー


中林正一監督
「前半は簡単にキックを使いすぎて、ボールを動かすこととのバランスがあまり良くなかったが、後半になってやりたいことができた。自分たちから流れを作り出すことができていた。順位なんて考えることもなく、とにかく勝ちたいというという思いがつながったとても大きな勝ちになった。プレッシャーもあったが、キャプテンを中心にしんどい部分を乗り越えた。気持ちが表れた試合になった。最終戦の相手、同志社は互いに意識する相手。優勝争いの中での試合はできなかったが、関西ラグビーを盛り上げるために、引き締まった良い試合をしたい」

#3西村颯平キャプテン
「勝てたのが良かった。ミスをしても落ち込まずに切り替えて、前を向いてプレーできていた。(選手権セカンドステージ進出が決まって)まずは一安心。しかし、まだまだ。今日の後半のようなプレーを続けてレベルアップしていきたい。(最終戦に向けて)良いチームと良い試合をしたい」


#14藏田知浩選手
「勝つことだけを考えていたので、勝てて本当に良かった。試合途中のインターセプトは意図的ではなかったが、身体を入れたらボールが飛び込んできた。ラッキーだったが、あれで流れを変えることができた。今までチームの状態が悪く不甲斐無かったが、今日の試合でやっと自信を持つことができた。最終戦に向けてもう1回、自信を持ってやっていきたい」

[記事・写真:菅洋介]

このページの先頭へ