ホーム > 大学スポーツ > 立命スポーツ > 女子陸上競技部

2014年12月24日 - 女子陸上競技部

総合力で連覇達成/女子陸上競技部

今年で2回目を迎えた富士山女子駅伝。連覇を目指す立命館は2区で首位に立つと、最後まで先頭を譲らず、大差をつけて連覇を飾った。 1区は10月の全日本大学女子駅伝に続いて大森(スポ2)を起用。大学駅伝で負けなしのエースを投入して、先行逃げ切りを狙った。下り坂が続くコースで大森は序盤から先頭集団の前方につける積極的なレースを展開する。.大森はラスト1kmで仕掛け、得意のラスト勝負に持ち込んだが、残り4...[記事ページへ]

このページの先頭へ

December 24, 2014 08:57 AM | トラックバック (0)

2014年11月26日 - 女子陸上競技部

世界を相手に健闘/女子陸上競技部

%E5%8D%83%E8%91%89%E3%80%80%E5%A4%A7%E6%A3%AE.jpg
2年連続で日本学生選抜の4区を走った大森

世界で唯一の国別対抗であり男女混合で行われる国際千葉駅伝。この大舞台に立命館からは日本学生選抜に選手として大森菜月(スポ2)と太田琴菜(スポ1)が、コーチとして十倉みゆきヘッドコーチが選出された。 2年連続の出場となった大森は区間賞を獲得した昨年と同じ4区(5.0km)で出走。トップのロシアと21秒差の3位で横手(明大)から襷を受け取った大森は先頭のロシアと日本代表の背中を懸命に追う。単独走で前...[記事ページへ]

このページの先頭へ

November 26, 2014 02:18 PM | トラックバック (0)

2014年10月27日 - 女子陸上競技部

苦境を乗り越え史上2校目の4連覇/女子陸上競技部

%E5%85%A8%E5%93%A1%E3%80%80%E4%BB%99%E5%8F%B0.jpg
4連覇を達成し、笑顔を見せる選手たち

史上2校目となる4連覇を目指した立命館。しかし、昨年の優勝メンバーである青木(スポ2)と廣田(済2)が故障で欠場、エース格の津田(営4)と菅野(済2)も故障明けと苦しい台所事情であった。それでも昨年同様に1区から一度も首位を譲ることなく、4連覇を成し遂げた。 1区は昨年と同じ大森(スポ2)。学生トップクラスの実力を持つ大森には後続を突き放す走りが期待されたが、スローペースにはまってしまう。ラスト...[記事ページへ]

このページの先頭へ

October 27, 2014 12:36 PM | トラックバック (0)

2014年09月27日 - 女子陸上競技部

優勝逃すも手応えつかむ/女子陸上競技部

史上2校目となる杜の都4連覇への挑戦が幕を開けた。全日本大学女子駅伝の予選も兼ねるこの大会。シード校の立命館は日本インカレ後に脚を痛めて調子の上がらないエースの大森(スポ2)と菅野(済2)を温存したオーダーで臨んだ。 1区は5000mで西日本インカレ5位の池本(スポ2)。昨年もこの区間でオープン参加のBチームながら区間賞相当の走りをしている。スローペースの中で我慢の走りを見せ、大院大と京産大との...[記事ページへ]

このページの先頭へ

September 27, 2014 09:29 PM | トラックバック (0)

2014年09月08日 - 女子陸上競技部

大森が連覇達成/陸上競技部

%E5%A4%A7%E6%A3%AE%E3%80%80%E6%97%A5%E6%9C%AC.jpg
表彰台に立つ大森(中央)

最終日を迎えた日本インカレ。2日目を終えた時点で2位につけていた女子はこの日も活躍が目立った。 前日の夜から午前9時に延期になった5000mには前回優勝の大森(スポ2)と初日の10000mで3位になった菅野(済2)が出場。最初の1kmこそ3分05秒と早い入りになったが、その後は3分17秒、3分17秒、3分15秒と落ち着いたペースになる。二人は先頭集団の中でレースを進め、優勝の行方はラスト勝負へと...[記事ページへ]

このページの先頭へ

September 8, 2014 09:11 AM | トラックバック (0)






2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31