4月29日に南港中央球場で行われた春季リーグ対大経大一回戦は、期待の右腕・姫野が初先発を果たすも、9回に打たれ3対1で惜敗した。

 将来を期待される右腕の初先発のマウンドはくやしいものとなった。
 この日の姫野は立ち上がりから制球に苦しみ四球でランナーを背負う場面が多く一点を先制される。
 しかし、中盤以降は伸びのあるストレートで三振を奪うなど徐々に立て直し、打線も深瀬の犠牲フライで同点に追いつく。
 そして迎えた9回、先頭打者を四球で出すなどピンチを迎えると大経大にスクイズを決められ勝ち越されてしまう。さらにもう一点を失い、姫野の初先発は9回3失点で負け投手となった。

 制球にこそ課題を残したが、ストレート主体で三振を奪う今日のピッチングスタイルはどこか昨年引退した河野を彷彿させる。
 絶対的なエース・井上に継ぐ投手の育成が急務な龍大にとって姫野にかかる期待は大きい。次の登板に期待だ。

 

このページの先頭へ