投打ががっちりかみ合った龍大が伝統の一戦で幸先のいいスタートをきった。
 
 10月13日、西京極球場において関西六大学野球秋季リーグ第7節、対京都産業大学の第一戦が行われた。
 龍大・井上、京産大・宇田川の両エースの投げあいで始まった一戦は、序盤は両投手が意地のピッチングを見せる。 
 均衡が破れたのは、四回表。二死から6番・山崎が四球を選ぶと、続く7番中井浩もヒットで繋ぎ、チャンスを広げる。そして迎えた8番・坂本健がセンターへ弾き返し欲しかった先制点を上げる。この後、龍大は6回に篠原、8回に再び坂本がタイムリーを放ち、確実に追加点を奪った。
 投げては井上が要所を締めるエースらしい力投で見事完投。本人も捕手の橋間も試合後「調子は普通」と振り返ったが、ストレートに力があり十分にその実力を発揮した。
 
 これで、まず初戦を勝利した龍大。明日も勝って龍産戦勝ち越しといきたいところだ。
 

このページの先頭へ