兼重がかつての盟友から2本のタイムリーを放ち、龍大を開幕4連勝に導いた。

 
 4月20日に皇子山球場で行われた第3節、好調龍大が臨む大阪学院大の先発は岸中。
岸中は上宮太子高出身の3回生右腕で、高校時代は1番を背負っていた男だ。
一方、龍大も上宮太子高出身者を多く抱えるチームであるが中でもショートの兼重は岸中と同学年で共に汗を流した盟友である。そんな同級生対決が注目された試合、くしくも試合を決めたのはその両者の対決だった。

 

 2回、2アウトから中井がツーベースを放ちチャンスメーク。この場面で兼重-岸中のこの日最初の対決を迎えると、兼重がライトの頭を越えるタイムリースリーベース。貴重な先取点を奪った。
さらに4回龍大が追加点のチャンスを作ると再び兼重がセンターへはじき返し、この試合の決勝打となった。
 
 

 試合はリーグ初勝利をかけた古野が好投。8回を5安打8三振という内容で見事初勝利をものにした。

 

 この日のヒーロー兼重は試合後、岸中との対決を「友達なんで・・」と複雑そうに振り返った。しかし最後は「このまま10連勝で優勝を決めたい」と力強く締めくくった。
 盟友対決を制した恐怖の8番打者が見つめるのは優勝の二文字だけのようだ。

このページの先頭へ