%E5%A1%94%E6%9C%AC%E3%80%80%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%96.JPG
代打・塔本が放った打球は
綺麗なアーチを描きレフトス
タンドへ【写真/徳山尚昭】


 代打の切り札の会心の一発に龍大ベンチが沸いた。
 
 4月27日、スカイマークスタジアムにおいて関西六大学春季リーグ第4節大商大戦がおこなわれた。
 1-0の1点リードで迎えた7回表。この日、不振の篠原に代わり1番に入った伊東がヒットで出塁すると、そこから1アウト2・3塁のビッグチャンス。ここで代打・塔本が登場。
 「どうにかして後ろに繋げたかった」と鋭くバットを振りぬくと打球は綺麗な放物線を描きレフトスタンドへ。チーム今季第1号となる3ランホームランとなった。
 この後、古野が1点を失うも前田が繋ぎ、最後は姫野が3者連続三振の完璧なリリーフで完勝。
 これで開幕から6連勝。この強さはまぎれもなく本物、次節は遂に王者・大経大を迎える。

このページの先頭へ