%E5%8F%A4%E9%87%8E%EF%BC%B7%EF%BC%A5%EF%BC%A2.jpg

8月20日に京都の硬式野球部が一同に会する第16回全京都大学野球トーナメント大会が開幕した。今大会は8月24日まで全日程が西京極球場で行われる。
 龍大は13年ぶりの優勝をかけ、一回戦の京都薬科大戦を迎えた。

 龍大のスタメンにはリーグ戦未出場選手を含むフレッシュな顔ぶれが並んだ。
 
 
〈スタメンは以下の通り〉
 1番(右)小林勇介(3回・三重海星)
 2番(二)山本隆哉(3回・滝川)
 3番(三)内山友希(1回・京都成章)
 4番(一)有吉宏明(2回・北大津)
 5番(指)中川裕章(2回・徳島北)
 6番(左)郷田京祐(2回・新庄)
 7番(中)岩口二郎(2回・八幡商業)
 8番(捕)木屋雄貴(3回・三次)
 9番(遊)笠嶋広和(2回・京都成章)
 先発投 古野正人(4回・報徳学園)

 

 龍大は先発・古野が好投。威力抜群の直球とスライダーを軸に3回表には前の回から数えて5者連続三振を奪うなどその実力を存分に発揮。結局、古野はこの試合を6回被安打2、四死球2、11奪三振で無失点に抑えた。

 打線は3回裏に4番・有吉のタイムリー等で2点を先制すると、5回裏にも有吉がタイムリーを放ち追加点を奪う。
 そして6回裏には、一死から1番・小林が四球を選びそこから途中出場の加納(3回・平安)、内山、有吉、中川が4連打を放ち2点を追加。さらに犠牲フライで1点を加え、7回コールド規定の7点差まであと1点とする。ここでこの回の表からマスクを被るウラム(2回・香川西)が打席に立つと2ボールからの3球目をセンターにはじき返し2点タイムリー。結局この回打者一巡5得点を奪う猛攻をみせた。

 その後7回表を柴田(4回・天理)が締めくくり、8対0で7回コールド勝ち。見事初戦突破を果たした。

 次戦は23日、京都外国語大と佛教大の勝者と戦う。

 

このページの先頭へ