6月16日、春季リーグ戦の試合が全て終了した。この日行われた入替戦で、龍大勢は奮闘したものの負けてしまい、結果として2部降格となってしまった。
第1セットでは関学に6点差で勝利した龍大だったが、第2セットは一進一退の攻防を繰り広げるも、26‐28で関学に奪われてしまう。同じセット数で迎えた第3セットは、第1セットの状況を龍大がそのまま返される結果となった。先にマッチポイントとなった龍大だったが、残念ながら追いつかれてしまう。だが、追い込まれた龍大の底力が発揮される。そこから長いシーソーゲームが始まった。この第4セットの結果は30‐32。このスコアを見ればどれだけ長いかが分かるであろう。
秋季リーグからは2部で戦うこととなったが、この粘りで再び1部へ戻って欲しい。

このページの先頭へ