3月7日(土)、8日(日)
〔62回全日本都道府県対抗ショートトラックスピードスケート競技会〕​

 坂本侑馬​500m:4位、1000m:7位
 相生裕太郎1500m :6位


 3月14日(土) 於:神戸市ポートアイランドスポーツセンター
〔第63回関西学生氷上競技選手権大会〕

 ◎総合成績
   1位 大阪経済大学 127点
   2位 関西学院大学 76点
   3位 阪南大学 62点

 ◎主な個人成績
   坂本 侑馬 (4回生) 500m-優勝、1000m-優勝
   近藤 良亮 (1回生) 1000m-2位、1500m-2位
   相生裕太郎(1回生)500m-2位、3000m-3位
   岡田 茂樹(2回生)1500m​-6位、3000m-6位
   土岐 哲史(3回生) 3000m-8位

 ◎団体成績
   3000Mリレー(坂本、岡田、相生、近藤)-優勝


上村コーチからのコメント:
   昨年の日本学生ショートトラックスピードスケート選手権大会では、阪南大学、関西学院大学にも
   後れを取り総合5位と不本意な結果で有った為、各選手とも今大会に駈ける思いは
   他校の誰よりも強く感じられた。4回生のエース坂本侑馬は500M,1000Mで圧倒的な強さを発揮し、
   1人次元の違う存在感を見せつけた。又1回生の近藤良亮も、阪南大、関西学院大の有力選手と競り合い
   1000M・1500Mとも2位に入った。相生裕太郎も500M2位、3000M3位と健闘し総合優勝に大いに貢献した。
   2回生岡田茂樹を入れたメンバーで取り組んだ3000Mリレーも他を寄せ付けず、2位に1周以上の大差をつけた。
   選手権に出られなかったが、1・2回生に急成長している選手が数多くみられ、来季以降の競技会に楽しみを
   持たせる非常に有意義のある大会でもあった。
   また非常に多くのOBの方々が応援に駆け付けて、会場の雰囲気は恰も大阪経済大学一辺倒になっていた。

このページの先頭へ