2014年10月5日(日)大阪産業大学にてリーグ戦第八戦大阪産業大学戦が開催された。

結果はセットカウント3-0で甲南大学が勝利した。

続く10/11(土)-12(日)近畿大学にて第9戦龍谷大学戦が開催された。

接戦になったものの抑えきれず、セットカウント0-3で龍谷大学に敗れ

龍谷大学の優勝が決まった。

最終戦は近畿大学と対戦し、こちらも接戦を抑えきれず1-3で敗れ

最終順位は3位となった。

優勝までにはあと1歩及ばなかったが、十分に勝負の出来る力はあり、

この後の関西インカレでリベンジを果たし関西王者を取り戻したい!!

天皇杯や全日本学生選手権とまだまだ大きな大会も控え、

しっかり全国でも戦える準備をしていきたい!!

個人では田中寛人選手がブロック賞を受賞。水野選手は2位となった。

リベロでは千代野選手が2位と位置づけ、実力の高まりを感じる結果に

自信として、今後も更に活躍してほしい!!

☆結果詳細☆
10/5 大阪産業大学戦
25-18
26-24
25-20

☆芦田選手コメント☆
セットカウント3-0で甲南大学が勝利しました。
前回の敗戦の反省を生かし、スタートダッシュに成功し、試合を有利に進めることができ、途中の危ない場面も集中力がきれることなく戦いきることができました。
応援ありがとうございました。

第9戦
甲南大学 対 龍谷大学
20-25
21-25
21-25

☆芦田選手コメント☆
セットカウント0-3で龍谷大学に敗れ、この試合で龍谷大学の秋季リーグ戦優勝が決まりました。
序盤は一進一退の攻防でしたが、次第に離され、最後まで流れを変えることができませんでした。

最終戦
甲南大学 対 近畿大学
19-25
24-26
25-23
23-25

☆芦田選手コメント☆
セットカウント1-3で近畿大学に敗れ、甲南大学は秋季リーグ戦第3位に終わりました。
春の雪辱に燃え、今リーグに挑んだ甲南大学。前半戦はみんなとても気合が入っていて、3位で上位リーグに入ったのですが、後半に力が出せ切れず、春を上回ったとはいえ、悔しい結果に終わりました。
このリベンジを、この後の関西インカレ、天皇杯本戦で果たすため、これからも部員一同精進いたします。
また、今リーグで、三回生ミドルブロッカーの田中寛人選手が、ブロック賞を受賞しました。
応援ありがとうございました。

このページの先頭へ