2015年4月12日(日)近畿大学にて関西学生春季リーグ(1部)の第1戦目が開催された。

対戦校は大阪体育大学で結果は3-0のストレートで初戦を白星で飾った!!

今年の甲南大学は非常に厳しいレギュラー争いとなり、

どこのポジションもメンバーを入れ替えられる層の厚いチームが完成したようだ。

第1セット、スタートダッシュに成功した甲南大学は集中力が途切れることなく、

一気に得点差を広げてこのセットを奪う。

第2セット、コンビネーションミスや相手のブロックでゲーム中盤に追いつかれるが、

ゲーム終盤に要所をものにした甲南大学がこのセットも奪う。

第3セット、完全に勢いに乗った甲南大学は、大阪体育大学を一気に突き放し、

その結果、甲南大学がセットカウント3-0で大事な初戦をものにした。

 昨年のスタメンに加え、4名の選手が今回の試合では起用された。

どの選手もまだまだ緊張感が抜けきれず、実力を発揮出来ていない

ところもあるようだが、かえって今後の試合での活躍がますます楽しみである。

 
次戦は18日(土)場所は大阪商業大学にて京都産業大学と対戦する。

1戦1戦勝利にこだわり、戦い抜いてリーグ優勝を勝ち取って欲しい!!

☆結果詳細☆
①甲南大 25-18 大体大
②甲南大 25-22 大体大
③甲南大 25-16 大体大

スタメン(サーブ順):
井上・藤田・山下・石原・加藤・田中
※リベロ:千代野・松本(樹)

メンバーチェンジ:
①藤田→村田、山下⇔野水
②山下⇔野水
③なし

このページの先頭へ