2015年5月17日(日)舞洲アリーナにて

関西学生春季バレーボール1部リーグが開催された。

対戦校は龍谷大学でセットカウント2-3で惜敗した。

この最終戦をもって関西学生1部リーグ5位となった。

優勝を目指し挑んだ春季リーグで5位という結果は

チームにとって非常に悔しい結果である。

試合内容もどの試合も大差で負けることはなく、

粘り切れず負けてしまっている試合が目立つ。

あと1歩踏ん張れたら優勝を手に出来ている可能性は高く

チームで勝ちたいという思いが

一つになり、行動出来たら勝てるはずだ。

今シーズンは始まったばかり。

甲南バレー部の本気を見せて欲しい☆

☆結果詳細☆
23-25
23-25
25-18
25-22
13-15

2-3で敗戦

☆芦田主務コメント☆
勝ったセットも負けたセットも集中力は素晴らしかったのですが、
勝負所の一点がとれなかったことが敗因でした。
この結果、甲南大学は春季リーグ戦を5位という順位で終えました。
参加チームの増えた一部リーグで上位には入れましたが、
さらなる上を目指すための課題が浮き彫りになったとかんじました。
次の西日本インカレ、秋季リーグでは昨年を越す結果を残せるように努力していこうと思います。
応援ありがとうございました。

このページの先頭へ