2014年9月5日(金)~7日(土)埼玉県熊谷スポーツ文化公園陸上競技場にて

天皇賜杯 第83回日本学生陸上競技対校選手権大会 兼

第28回ユニバーシアード競技大会(2015/光州)日本代表選手選考参考大会が開催される。

注目は、関西インカレを大会新記録で見事に優勝した4×100mリレーだ。

かつてないほどに、層が厚くなった短距離メンバーから選出された

チームのベスト4がチームの代表としてバトンをつないでいく甲南のリレーは

選手の持ちタイムだけでは難しいタイムを打ち出していく魅力がある。

まさに心をつなぐバトンに、チーム全員が精一杯応援し、勝利を共に喜び感動できる

素晴らしい競技だ。

日本一を目指して取り組んできた日々は嘘ではないはず。

全国の頂点に立つリレーを見せて欲しい!!


個人種目では、6月に日本学生個人選手権女子走高跳において優勝した

4年生の山本有希子(文)選手の日本インカレとのWタイトル獲得に期待がかかる。

1年生ながら同種目で3位に食い込んだ辻愛(文)選手も大きな大会に強い上に

自身の調子は上々、先輩の優勝に立ちはだかる可能性もある。

また、荒谷絵里佳(済2)選手も実力では劣っておらず、全国の舞台で自分の跳躍が出来れば

十分に優勝を狙える選手だ。全国の舞台で甲南同士で優勝争いに持ち込んで欲しいところ。

昨年の日本インカレで100mハードルに出場し1年生ながら6位に入賞した田中杏梨(文2)選手

にも期待がかかる。同種目に出場する飯田郁未(営3)選手も今シーズンは13秒台で走り、

日本ジュニアを制した経験から決勝に進み勝負する事は十分に可能だ。

今シーズン100mで関西インカレを自己記録を更新して優勝した寺井美穂(営3)選手の

全国での走りにも注目したい!!

☆出場者一覧☆
[女子100m]
寺井美穂

[女子200m]
荒木夏波

[女子400m]
斎藤裕花・松ヶ谷茜里

[女子100mH]
飯田郁未・田中杏梨

[女子400mH]
白石萌

[女子走高跳]
山本有希子・荒谷絵里佳・辻愛

[女子4×100mR]
五十嵐理沙・味田彩斗・寺井美穂・荒木夏波・永野真莉子・矢島照子

[女子4×400mR]
斎藤裕花・出口真美・和田早織・荒木夏波・永野真莉子・西山沙優

このページの先頭へ