2014年9月6日(土)-7日(日)紀三井寺公園陸上競技場にて

第82回近畿陸上競技選手権大会が開催された。

日本インカレが埼玉で開催されている中、並行して近畿選手権も開催され、

別々に甲南生が活躍していた。

2日目に開催された男子の3000m障害では、昨年優勝した4年生の木村友彦選手が

準優勝に輝いた。同種目では原田拓哉選手も7位に入賞する活躍を見せた。

原田選手は1500mでも8位に入賞し、2種目での入賞となった。

また、初日に開催された女子の100mハードルでは3年生の濱本恵美選手が

5位に入賞した。来年こそは日本インカレに出場したいと残りのシーズンも

標準切りに挑戦し続けるはず。

近畿選手権の上位3名は日本選手権のB標準を突破すれば

日本選手権への権利も得ることが出来る。

近畿選手権での活躍を自信に、もう一つ大きな舞台にもステップアップしていきたい。

☆結果詳細☆
[男子3000mSC決勝]
木村友彦→9分10秒15 第2位
原田拓哉→9分31秒19 第7位

[女子100mH予選]
濱本恵美→14秒64(-0.8)組3着

[女子100mH決勝]
濱本恵美→14秒49(-0.6)第5位

[男子1500m決勝]
原田拓哉→4分01秒97 第8位

[男子400m予選]
上園正季→50秒55 組3着

[男子4×100mR予選]
阿部真希・山瀬喜雅・近藤巧・古澤拓樹→42秒14 組4着


[男子200m予選]
山瀬喜雅→22秒31(+0.2)組4着

[女子走高跳決勝]
河野葵→記録なし

このページの先頭へ