20140906%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%AC%E8%BE%BB%E9%81%B8%E6%89%8B%EF%BC%92%E4%BD%8D.jpeg
☆辻 愛(文1)選手コメント☆
今回全日本インカレの走り高跳びに出場させていただきました。2位に入賞することが出来嬉しく思っています。1年生ではありますが、Bestを跳んで優勝を狙っていましたので少し悔しい気持ちがあります。次こそはBestを跳んで優勝したいと思います。

☆山本 有希子(文4)選手コメント☆
本日は、学生ラストの全日本インカレに出場させていただきました。優勝を狙試合に臨みました。冷静に落ち着いて試合ができたようにおもいます。しかし、8位と順位を下げてしまいました。この悔しさは、今後の競技人生に生かしていきたいと思います。ご指導していただいた先生方、サポート応援してくれたチームのみんなにとても感謝しています。本当にありがとうございました。
20140906%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%AC%E9%AB%98%E8%B7%B3%E3%81%B3%E5%85%A5%E8%B3%9E%E8%80%85.jpeg

2014年9月6日(土)熊谷スポーツ文化公園陸上競技場にて

天皇賜杯 第83回日本学生陸上競技対校選手権大会 兼

第28回ユニバーシアード競技大会(2015/光州)日本代表選手選考参考大会(2日目)が

開催された。

初日に全カレは甘くないと刺激を受けた甲南大学は2日目、素晴らしい活躍を見せた。

10時から競技が開始された女子走高跳では、出場した3選手共に

素晴らしい跳躍を見せ、甲南大学の応援席を盛り上げる試合を見せてくれた。

大きな大会で緊張をしてしまい、自分の跳躍を出せなかった荒谷選手が

1m60cmを1本目でクリアーし、1m65cmも一番の跳躍を見せることができた。

1m69cmは惜しい跳躍が続き抜けきらずに終わってしまい、入賞を惜しくも逃したが

荒谷選手にとって大きな自信になったはず。来年は貪欲に優勝を視野に入れて

活躍してほしい。

4年生で最後のインカレとして迎えた山本有希子選手は、さすが4年生という

落ち着きがあり、冷静に試合を展開した。コーチもその戦いぶりに感銘を受けるほど

やれることはやったという試合が出来たと評価した。しかしながら、あと1歩及ばず

1m73cmは抜き切ることが出来ず、狙っていた自己ベスト優勝を成し遂げる事は

出来なかった。山本選手は卒業後も競技を続ける意志を示し、実力が高まった事は

間違いなく、今後も実力に見合った記録を打ち出してくれそうだ。

2位に入賞した辻選手は、1年生ながら優勝を目指し挑んだ初の全日本インカレ。

気合と本気が十分伝わる行動が見られ、自信と強さを感じる中

まさかの競技開始からの過緊張に、コーチや応援席を焦らす場面を見せた。

しかし、やはり度胸のある辻選手。少しづつペースを戻し、最終的にはシーズンベストで

優勝の選手と並ぶ記録で、初めの過緊張のミスが響きその試技数さで準優勝となった。

自己記録と同じ1m76cmも非常に惜しく、すっきり抜いて優勝したかったが、

あの状況から、2位にまで持ってこれたことが本当に素晴らしく高く評価したい!!

辻選手は大きな舞台を今までにも多く経験してきているが、調子も良く

優勝を狙いすぎた事からか、「初めてあんなに緊張しました」と周りを驚かせるコメントを残した。

高跳びで盛り上がった甲南大学。

100mハードルでも飯田選手・田中選手が堂々と翌日の準決勝に足を進めると

やるしかないと腹をくくったマイルメンバーが予選で言葉通り爆走するレースを

見せてくれ、甲南史上一番の記録を打ち出し、決勝進出を決め

チームを最高潮に盛り上げた!!

2日目を終え、大盛り上がりの甲南はこのまま最終日も

ミラクルを起こしてくれそうだ☆

☆結果詳細☆
[女子走高跳決勝]
辻愛→1m73第2位 甲南歴代4位
山本有希子→1m69 第8位
荒谷絵里佳→1m65 第11位

[女子4×400mR予選]
荒木夏波・永野真莉子・寺井美穂・斎藤裕花→3分42秒30 組1着 甲南歴代1位

○決勝進出


[女子100mH予選]
田中杏梨→14秒06(-0.6)組2着
飯田郁未→14秒10(-1.0)組4着

○準決勝進出者→田中杏梨、飯田郁未

[女子200m予選]
荒木夏波→25秒07(+1.9)組6着

[女子400mH予選]
白石萌→1分06秒26 組5着

☆槌田あかり主務コメント☆
2日目の競技が終了致しました。
女子走高跳において、辻が2位、山本有が8位に入賞し、甲南大から今大会初の入賞者がでました。
女子100mH予選においては、田中、飯田が順調に明日の準決勝へ駒を進めました。
一方女子200mにおいては荒木が健闘しましたが、あと一歩のところで明日の準決勝進出とはなりませんでした。
女子4×400mRでは、各選手好調の走りをみせ、甲南歴代1位の3分42秒30という素晴らしい成績を残し、明日の決勝進出を決めました。
本日も応援に来てくださった方々、ありがとうございました。
明日最終日も気を引き締めて各々の役割に徹し、部員一同心を一つに頑張ります。
最後まで応援よろしくお願い致します。

このページの先頭へ