2015年3月22日(日)ベイコム陸上競技場にて

平成26年度兵庫県実業団記録会が開催された。

前日に甲南記録会に出場し、二日連続の試合にも関わらず

辻選手が昨日に続き好記録を出した。

 昨日は荒谷選手と共に2015年初の1m70cmをクリアーし、

今日は日本選手権A標準、全カレA標準である1m75cmに挑戦したが、

非常に惜しい跳躍で終わった。

疲れもある中、強風もあって助走合わせから出場者は苦戦を強いられた。

しかし、最後まで調整を徹底した甲南大生は素晴らしい試合を見せた。

中でも辻選手は昨日の記録をクリアーし、昨シーズンベスト記録の1m73cmを

早くもクリアーした。

今シーズンは学生チャンピオンを目指して、準備期の練習に取り組み

助走の改善などを試みながら、より辻選手の良さを引き出す跳躍が

完成しつつある。

競技場の環境や、天気や気温による調整をしっかり詰め、

感覚を詰めながら自己記録の更新を狙う。


荒谷選手も走力も高まり、助走も昨年度より安定感もスピードも増し、

より筋反射の速さが生かせる助走に近づいている。

まだまだ、競技場の硬さや、風の影響などで

スピードコントロールしきれてはいないが、昨年よりも調整力もつき、

本人の自信は高まっている。

まだ全国大会での表彰台には上がったことのない荒谷選手であるが

2015年は表彰台が待ってくれていそうだ。

低迷している日本の女子走高跳界を盛り上げるような活躍をしていきたい!!


☆結果詳細☆
[女子走高跳]
辻愛→1m73 第2位
荒谷絵里佳→1m67 第3位
加藤友里→1m61 第4位 自己ベストタイ
河野葵→1m50 第9位

このページの先頭へ