20150413%E8%8D%92%E8%B0%B7%E9%81%B8%E6%89%8B%E6%97%A5%E6%9C%AC%E9%81%B8%E6%89%8B%E6%A8%A9%EF%BC%A1%E6%A8%99%E6%BA%96%E8%A8%98%E9%8C%B2%E7%AA%81%E7%A0%B4.jpeg
写真:右側が走高跳で6年ぶりに自己記録を更新し日本選手権・日本学生選手権のA標準を突破した荒谷絵里佳選手
左が100mで自己記録を更新し日本学生個人戦主権の標準記録を突破した1年生の木村瑞穂選手

☆荒谷絵里佳(済3)選手コメント☆
本日は、第二回大阪記録会に走高跳に出場させて頂き、日本選手権と全日本インカレA標準を突破することが出来ました。自己ベスト更新でもあったのでとても嬉しく思います。これからも更に記録を更新できるよう、貪欲に競技に打ち込んでいきたいと思います。

☆木村瑞穂(済1)選手コメント☆
自己ベスト更新と共に、個人選手権の標準記録も切ることができとても嬉しく思います。
これからも更にレベルアップしていけるよう練習に取り組んでいきます。

2015年4月12(日)ヤンマーフィールド長居にて

第二回大阪陸上競技記録会が開催された。

女子走高跳に出場した荒谷絵里佳選手は中学3年生の4月に跳んだ1m72cmの

自己記録を6年ぶりに更新する1m75cmをクリアーし、

日本選手権並びに日本学生選手権の出場A標準を突破する活躍を見せた!!

荒谷選手は昨シーズン5年ぶりに1m70cm台をクリアーし、

アベレージも高まり実力はつき始めていた。

大学入学後は1年生から関西学生選手権で準優勝を飾るなど

大学での競技生活を順調に送っていたが、なかなか中学時の自己記録を跳べそうで

跳べない日々が続いていた。

先週3日に行われた兵庫インカレではジャンプオフの末、辻選手に敗れたものの

非常に調子は良く記録も出そうな中うまくいかず、試合直後こらえきれずに涙を流す姿が見られた。

今週は火曜日・水曜日(7-8日)と大阪インカレで7種競技に出場し

自己記録を更新しているが、試合続きで疲労もどこまで抜けているかという状況だった。

しかしながらこの日は疲労が残った様子もなく、非常に冷静に試合を運んでいた。

1m60cmまではパスをし、1m60cmから競技を始め1回目でクリアー。

いつも急ぎがちな助走の前半部分を冷静に対処し、うまく跳躍をまとめた。

続く1m65cmは少し助走の前半で急いだものの、ラスト間延び気味に踏み切ったが

見事1回目でクリアー。続く1m70cmは1回目から惜しい跳躍が続き

抜き足が少し残る程度の跳躍を、修正個所の確認をし直し3回目にきちんと抜き切り、

自己記録の1m75cmにバーが上がった。

1回目は踏切角度が悪く上昇途中にバーに当たった。

2回目は修正したものの、抜き足が抜けきれず惜しくも失敗。

迎えた3回目、もう一度ポイントを確認しきちんとポイントを抑えた跳躍を出し、

見事1m75cmを抜き切った。6年ぶりの自己記録更新に本人は信じられない思いで

クリアーしたバーを目を輝かせながら見つめていた。

1m80cmは1・2回目は角度の悪さなど良い跳躍は出せなかったが

3回目はかなり手ごたえのある跳躍ができ、次につながる自信となった。

6年間、ぶれずにコツコツと頑張り続けた荒谷選手の努力が報われる日となり

なかなかうまく記録が出ていない選手にも希望の光を与える活躍になった。

今シーズン後輩の辻愛(文2)選手が先に1m75cmをクリアーし

これで日本選手権・日本学生選手権のA標準突破が2人目となった。

ここからは、甲南大学から日本の表彰台に立つ準備が始まる。

2人で表彰台を笑顔で飾るためにも、更に努力を重ねていきたい。


また、女子の100mでは荒谷選手の高校の後輩でもある木村瑞穂(済1)選手が

自己記録を更新し、日本学生個人選手権の標準記録を突破。

入学早々の活躍に木村選手の笑顔が桜よりも満開でとなった。

 追い風参考ながら11秒85という11秒台の大台に乗る走りを見せた

永野真莉子(営3)選手は走幅跳でも5m44cmの自己記録を更新しオールマイティーぶりを

更に高めた。スピードから考えると6m台も十分可能性があり今後どこまで伸ばしていけるのか

目が離せない!!

☆結果詳細☆
[女子走高跳]
荒谷絵里佳→1m75 第2位 自己ベスト 甲南歴代2位
加藤友理→1m60 第6位
河野葵→1m45 第22位
辻愛→棄権

[女子100m]
永野真莉子→11秒85(+2.4)組2着
荒木夏波→12秒23(+2.4)組6着
木村瑞穂→12秒24(+1.0)組1着 自己ベスト
藤井彩和子→12秒44(+0.5)組3着
田中杏梨→12秒50(+2.4)組8着
秋田葉月→12秒58(+2.5)組2着
矢島照子→12秒81(-0.9)組2着
毛利光→12秒98(+2.1)組2着
白石萌→12秒99(+2.5)組8着
中野絵理子→13秒00(+1.7)組6着
中川愛→13秒01(+0.6)組3着
岸本愛菜→13秒04(+1.0)組6着
吉村今日子→13秒05(+0.5)組9着
西山沙優→13秒11(-0.6)組3着
高月香奈→13秒16(-0.6)組6着
足立晴香→13秒23(+1.6)組1着
吉岡茉佑子→13秒24(-1.1)組2着
野間友梨亜→13秒29(+0.6)組7着
古田智子→13秒40(+0.9)組1着
樋口友佳理→13秒49(+2.8)組5着
松ヶ谷茜里→13秒50(+0.6)組8着
和田早織→棄権


[女子やり投]
梶原美波→47m30 組1位

[女子走幅跳]
秋田葉月→5m53(-1.3)組2位
濱本果音→5m46(+1.4)組2位
永野真莉子→5m44(+1.9)組2位 自己ベスト
足立晴香→5m37(-1.4)組4位
毛利光→5m16(-0.5)組3位 自己ベスト
古田智子→5m00(-0.5)組7位
中川愛→4m69(+0.8)組12位
白石萌→4m41(+1.7)組17位
樋口友佳理→3m98(+1.5)組26位

[女子400m]
西山沙優→58秒51 組3着
松ヶ谷茜里→59秒96 組3着
中野絵理子→1分02秒46 組1着
和田早織→棄権

[女子棒高跳]
白石萌→記録なし


このページの先頭へ