20150516%E9%96%A2%E8%A5%BF%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%AC4%C3%97100%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%AB%E9%96%A2%E8%A5%BF%E5%AD%A6%E7%94%9F%E6%96%B0%E8%A8%98%E9%8C%B2.jpeg
写真:女子4×100mリレーにおいて関西学生新記録、大会新記録を更新し
準優勝した甲南大学メンバー(左端)

・1走寺井美穂選手コメント
今回4×100mRに出場させて頂き優勝出来なかったことはとても悔しいですが、
今持っている力を皆が出し切れました。
全日本インカレでリベンジします。応援ありがとうございました。

・2走田中杏梨選手コメント
目標としていた関西学生新記録更新のタイムを切ることが出来ましたが、
やはり優勝をすることができず悔しさがあります。
私達の長所を磨き、全日本インカレ優勝を目標に掲げてこれから
チーム一丸となって邁進していきたいと思います。

・3走藤井彩和子選手コメント
優勝には一歩及びませんでしたが、チーム一丸となって
走ることができて良かったです。更に上を目指し次はリベンジしたいです。

・4走永野真莉子選手コメント
本日は、4×100mR決勝に4走として出場させて頂きました。
タイムは良かったですが優勝することはできなかったため、
少し悔しかったです。
気持ちを切り替え、次のレースに活かしたいと思います。宜しくお願い致します。

20150516%E9%96%A2%E8%A5%BF%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%AC%E6%9C%A8%E6%9D%91200m.jpeg
写真:女子200m予選において自己記録を更新し
日本学生選手権の標準記録Bを突破した木村瑞穂(済1)選手

・木村瑞穂選手コメント
今回、全カレB標準を突破、自己ベスト更新ができ、嬉しく思っています。これからもさらに良い記録、良い結果が残せるよう、日々の練習に取り組んでいきます!
ありがとうございました!

20150516%E9%96%A2%E8%A5%BF%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%AC%E4%B8%AD%E7%80%AC3%E4%BD%8D.jpeg
写真:男子2部走幅跳において3位に入賞した中瀬太成選手

・中瀬太成コメント
チームの声援のおかげで3位に入ることができました。1位を狙っていたので残念ですが、来年は絶対優勝します。


2015年5月16日(土)ヤンマースタジアム長居・ヤンマーフィールド長居にて

第92回関西学生陸上競技対校選手権大会 兼

第28回ユニバーシアード競技大会(2015/光州)日本代表選手選考競技会が開催された。

トラック&フィールドの部3日目は、女子の200m予選で木村瑞穂選手が

自己記録を更新し、日本学生選手権の標準記録Bを突破。

永野選手、藤井選手と共に準決勝に進出。

しかしながら1年生の木村選手、藤井選手は惜しくも決勝には進出出来なかった。

今年の関西の決勝へのハードルは非常に高くなった。

翌日の決勝には3年生の永野選手のみが残った。

その永野選手は200m準決勝後に4×100mリレーの決勝にもアンカーとして出場。

レベルの高い争いが予想される関西の女子リレー。予想通りの展開となる。

決勝はどこのチームもやはり速く、2走までは混戦状態の中、大阪成蹊がリード。

3走を走る1年生の藤井選手が見事コーナーで2番まで上がり大阪成蹊に追いつく形に。

アンカー勝負では、大阪成蹊大学に永野選手がピタッと張り付くように

攻めたがそのまま逃げ切られ、甲南大学は2番となった。

しかしながらタイムは以前の甲南のベスト記録0.4秒ほど上回る大ベスト記録で

チーム新、大会新、関西学生新記録を更新した。ただ、負けてしまうとと1位の記録しか

残らない。甲南の持っていた関西学生新記録を奪われた形となり、

今後の試合で奪還していきたい。

今回の関西インカレは全国の地区インカレもほぼ同時期に開催されており

レベルの高い関東インカレの優勝タイムを上回る記録であり、

全国の頂点があと1歩で届きそうだ。

選手それぞれの実力をきちんと高め、日本インカレの頂点を目指す!!


☆結果詳細☆
[女子4×100m決勝]
寺井美穂・田中杏梨・藤井彩和子・永野真莉子→45秒36 第2位
甲南歴代1位 大会新記録 関西学生新記録

[女子200m予選]
永野真莉子→24秒73(+0.5)組2着
木村瑞穂→24秒74(+0.2)組2着 自己ベスト 甲南歴代6位
藤井彩和子→25秒32(+0.9)組3着

[女子200m準決勝]
永野真莉子→24秒73(+0.1)組3着
木村瑞穂→25秒05(+0.1)組6着
藤井彩和子→25秒20(+0.2)組5着

○決勝進出者→永野真莉子

[女子800m予選]
出口真美→2分18秒70 組2着

[女子800m準決勝]
出口真美→2分17秒37 組4着

○決勝進出

[女子400mH予選]
松ヶ谷茜里→1分03秒52 組4着
白石萌→1分04秒32 組3着
中川愛→1分06秒02 組4着

[女子七種競技]
・100mH
足立晴香→16秒12(-1.1)組1着 700点

・走高跳
足立晴香→1m45 第14位 566点

・砲丸投
足立晴香→7m91 第15位 394点

・200m
足立晴香→27秒79(+0.7)組3着 647点

・1日目総合得点
足立晴香→2307点 第11位


[男子走幅跳決勝]
中瀬太成→7m07(+0.0)第3位 自己ベスト 甲南歴代9位

[男子200m予選]
古澤拓樹→21秒99(+0.0)組1着
山瀬喜雅→22秒36(-0.6)組3着
近藤巧→棄権

[男子200m準決勝]
古澤拓樹→21秒91(+0,3)組2着
山瀬喜雅→22秒24(-0.2)組5着

◯決勝進出者→古澤拓樹

[男子800m予選]
黒田悠斗→2分00秒12 組6着
川端祥太→2分00秒89 組7着

[男子400mH予選]
大久保裕史→54秒58 組3着 自己ベスト 甲南歴代6位

[男子3000mSC決勝]
原田拓哉→9分45秒04 第16位
美好雅樹→9分48秒72 第17位
小田原健太→9分58秒29 第19位

[男子走高跳決勝]
川嶋健佑→1m95 第5位
松岡涼→記録なし


[男子円盤投決勝]
今西一貴→31m01 第12位

[男子4×100mR決勝]
大久保裕史・山瀬喜雅・衛藤豪・古澤拓樹→41秒54 第4位 甲南歴代5位

このページの先頭へ