20150614%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%AD%A6%E7%94%9F%E5%80%8B%E4%BA%BA%E9%81%B8%E6%89%8B%E6%A8%A9%E8%BE%BB%E9%81%B8%E6%89%8B%EF%BC%93%E4%BD%8D%E5%85%A5%E8%B3%9E.jpeg

・辻愛選手コメント
今回2015日本学生陸上競技個人選手権大会に出場させて頂きました。
結果は1m75で第3位でした。次の高さの1m78も惜しく
越えれる高さだったので悔しかったです。
ですが、全国の大会で第3位になれたことは
取り組みを繋げれたことと感じ嬉しく思います。
応援ありがとうございました。次の試合も頑張っていこうと思います。

20150614%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%AD%A6%E7%94%9F%E5%80%8B%E4%BA%BA%E9%81%B8%E6%89%8B%E6%A8%A9%E6%B0%B8%E9%87%8E%E9%81%B8%E6%89%8B4%E4%BD%8D%E8%8D%92%E8%B0%B7%E9%81%B8%E6%89%8B%EF%BC%96%E4%BD%8D%E5%85%A5%E8%B3%9E.jpeg
写真:左は走高跳で6位に入賞した荒谷選手・右は100mで4位入賞した永野選手

・永野真莉子選手コメント
本日は個人選手権の100mに出場させて頂きました。
表彰台に1歩届かずという結果にはなりましたが、
自分にとって良い経験になりました。
この経験を活かし課題を見つめ直し今後の練習に繋げたいと思います。
宜しくお願い致します。


・荒谷絵里佳選手コメント
本日は、2015年日本学生陸上競技個人選手権大会の走高跳に出場させて頂きました。
今年度、初めての全国大会でしたが、焦ることなく自信を持って挑むことが出来ました。
記録はまだまだですが、今回の良かった所、悪かった所を生かして
今後に繋げていきたいと思います。本日はご声援誠に有難うございました。

2015年6月14日(日)Shonan BMW スタジアム平塚にて

2015日本学生陸上競技個人選手権大会(3日目)が開催された。

最終日となる3日目は女子の走高跳が開催され、

辻選手、荒谷選手が挑んだ。昨年は卒業した山本有希子選手が優勝を飾り

1年生ながら辻選手は3位に入る活躍を見せた。

甲南大学は2年連続のの優勝を狙ったが、昨年よりも

レベルの上がる中、2年連続の優勝は果たせなかった。

しかしながら辻選手はシーズンベストタイ記録で

2年連続3位入賞を果たす活躍を見せてくれた。

自己記録となる178cmはバーを十分に越えながらも

抜き足が少し残ってしまい、非常に惜しい跳躍に終わったが

9月の日本インカレまでには確実に跳べる力をつけて

次こそは一番高い表彰台を狙う!!

荒谷選手は165を1回目に成功させ、170cmは2回目に

素晴らしい跳躍をしてクリアー。

同じ跳躍が再現できれば175cmも余裕でクリアーかと思われたが

175cmは良い跳躍も出せたものの、抜き足が少し残り残念であった。

全国大会で6位入賞し、自身初の全国入賞は

西日本インカレ3位に続く活躍となり、大きな自信になったはず。

試合終了後の荒谷選手の表情には以前よりも非常に悔しそうな

様子が伺え、今後の活躍がますます期待できる。

2人揃って春先から日本選手権A標準記録を突破し

6月末の日本選手権での活躍も楽しみでならない。

昨日、初出場で女子の200mで3位に入賞を果たした永野選手が

100mでもハイレベルな中、予選、準決勝を勝ち抜き

決勝の舞台に駒を進めた。

昨年度の優勝者が準決勝で姿を消すようなハイレベルな

決勝の舞台。スタートをいつもよりは少し出遅れたものの

後半素晴らしい追い込みを見せ、表彰台には1歩届かなかったが

4位に食い込んだ。

初出場ながら、100m200m共にファイナリストとなり、

甲南大学の名をスタジアムに轟かせてくれた永野選手の

次の日本選手権での活躍も期待せずにはいられない☆


☆結果詳細☆
[女子走高跳決勝]
辻愛→1m75 第3位
荒谷絵里佳→1m70 第6位

[女子100m準決勝]
永野真莉子→11秒99(+2.2)組2着

[女子100m決勝]
永野真莉子→11秒88(+2.1)第4位


[女子走幅跳決勝]
濱本果音→5m50(+2.9)第16位

このページの先頭へ